2016年12月

大掃除は「福の神」を我が家に呼び込む最大のチャンス?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 
大掃除やってますか?
今年も寒くなってきましたね。
 
 
だいたい、この時期に大掃除をすること
自体間違っていると思いませんか?
 
 
だって寒いし忙しいし、ゴミを出すにも
すでにもうゴミ収集の日が終わっていたり(笑)
 
 
まぁ、区切りをつけるにはいいので
前向きにいきましょう!
 
 

大掃除は気づかなかった不具合に気づくチャンス!

 
 
大掃除のときは、
家の悪いところに気づけるいいチャンスです。
 
 
普段忙しくてなかなか目に留まらないことも多い我が家。
でも、いつもあなたとあなたの家族を守ってくれている
頼もしいもう一人の家族です。
 
不具合があれば、放置はやめた方が無難です。
 
 

早期発見が福の神の居心地をよくします

 
 
これはガンと一緒で、早期発見、早期解決が一番安全ですし
何よりも安上がりなんです。
 
 
気付いたけど、どうしたらいいかわからず
放置していると、あれよあれよという間に
我が家がボロボロになっていきます。
 
 
福の神を呼び込みたいと思っても、
みすぼらしい家に福の神はやっぱり来ません。
 
 
 
これはマインドの問題も関係していて
あながち無視できないものです。
 
 1803

福の神を迎え入れる大掃除を

 
 
見た目がどうの、ということに
気を使いすぎなくてもいいですが
最低限小綺麗にしておくこと。
 
 
 
ゴミ屋敷には福の神はこないように
破れたり汚れたまま放置していて
ただ神頼みで福の神にといってもムリですよねww
 
 
 
 
せっかく新年を迎えるのですから
福の神に気持ちよくきてもらいましょう。
そのための心の掃除も含めて
年末の大掃除を行ってください。
 
 
 
悪い箇所があったら放置せず
年明け後落ち着いてから
一度専門家にみてもらった方が無難です。
 
 
 
放置したがために貧乏神に
入られやすくならないように気をつけましょう。
 
 
 
それでは良いお年をお迎えください。
 
 

大掃除でチョーキングに気付いたら知っていてほしいこと

 

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

大掃除ついでに外壁周りを確認するにはいい時期ですね。

せっかくなのでチョーキングサインについてのお話です。

 

 

よくチョーキングを起こすと塗り替えのサインですよ。

といわれます。

 

たしかに、チョーキングを起こしただけで
雨漏りなど重大な劣化がすぐに起こることはありません。

 

 

ですが、チョーキングを起こしたのに
そのまま放置していると、、、
劣化は思ったより早く進みます。

 

IMG_7266 2

 

 

7年目から始まる劣化サイン

 

だいたい7年程度たつと、
日当たりのいい場所にたつ建物では
チョーキングを起こし始めます。

 

 

手に白く粉が付く状態だけでなく、
チョーキングが起きてくるとこんな問題も起きてきます。

 

 

雨水が滞留しやすい
雨水を含みやすい
汚れが付着しやすい
コケが生えやすい

 

 

結局、チョーキングを起こすということは
ツルツルとコーティングされていた表面が
ザラザラになって、粉上に剥がれている状態。

 

 

劣化の最初のとっかかりがチョーキングになります。

 

 

 

7年経ってチョーキング起こした建物は
その後は簡単に汚れや色あせを3年程度で起こします。

 

 

チョーキングが始まると劣化スピードが早まり
あっという間にヒビ割れなどの問題も合わせておきてきます。

 

 

一つのサインとしてチョーキングはわかりやすいので
大掃除ついでに確認してみてください。

 

 

 

雨の多い長崎にはモッテコイの最新塗料とは?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

長崎の年末は雨が続いていますね。

なかなか外壁や屋根の塗装が難しい天気です。

 

 

さて、完了検査をしたんですが、
雨が降っていたのでとても面白い現象が見られました。

 

IMG_7807

まるでワックスをかけて車のボディのようです。

 

 

低汚染型塗料は汚れを雨で流します

 

 

汚れも弾いて、水も弾く塗料。
そのまま、雨と一緒に汚れも流していきます。

 

ツルツルしているので、
雨粒が面白いように転がっていってました。

 

晴れると乾きも早いのがイイですね。

 

 

 

水はけが悪いといろいろ起きます

 

実際雨切れが悪いといろいろな問題が起きてきます。

 

屋根瓦などは特に、雨切れが悪いと、、、

 

汚れがたまる

コケが生える

サビが出る

雨漏りが起きる

 

などなど

 

いろんな問題が起きてきます。

 

日本は高温多湿で雨が多いところ。

おかげで世界的に水に恵まれた土地ではありますが
水はけが悪いと溜まった水はすぐに悪さをし始めます。

 

なるべく溜めずにすぐに綺麗に流してあげると
トラブルも心配ありません。

 

これから塗装の主流になっていく
低汚染型塗装の話でした。

 

 

サンタさんからのプレゼントが届きました

今年は、
サンタさんからプレゼントが届きました。

これです。

 

IMG_7815

 

風呂桶です。

 

というよりバスタブといったほうがカッコイイですね。

このバスタブがサンタさんから届きました。

 

 

大きな箱に入っているからなんだろうなぁ

と思ったらほしかった大きなバスタブでした。

 

真っ白でツルツルしていて、見た目の割には重さはありません。

それでも大人二人で一生懸命ですが。

 

据え置きタイプのバスタブなので
どこにでも置こうと思えばおけます。

 

その気になれば外に持ち出して日光浴的にもできますww

 

昼間の日差しを浴びながら庭でお風呂に入りながら
好きな音楽や本、飲み物と一緒にゆったりした時間を過ごす

なんて使い方もイイですね。

 

お風呂の時間は、日常の疲れを癒すにはもってこいですね。

 

汚れを落とす以上に、いろんな力があります

 

浮力のおかげで重力からもちょっとだけ解放されて
温かくなるから筋肉の緊張もほぐれて

 

寒いとどうしても身体中の筋肉に負荷がかかってしまいます。

ギュッと縮こまった筋肉を緩めつつ冬のお風呂を楽しみましょう。

 

 

 

塗装を綺麗に仕上げる匠の技とは?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 
とそうなんてただパパッと塗ればいいじゃん。
 
ローラーを転がせば
誰だってできるものなのになんで高いの?
 
 
なんて考える人がたまにいますが、
多分自分でDIYをやったことがない人か
テキトーなレベルで満足する人だと思います。
 
 
ちなみに自分で塗れる人は
自分でやって構わないと思います。
 
ただし、高所作業は危険なので気をつけなければなりません。
 
 
自分で塗るのが安く上がる
(実際は大切な自分の時間を潰すしかありません)かもしれませんが
綺麗に塗るのは意外と手間がかかるもの。
 
 
 
特に壁の配管などは
しっかり養生しなければみっともない状態になります。
 
IMG_7756
 
 
出ている突起物、メーター類や配管類、配線などなど
仕上げの時はとにかく汚さないように気をつかいます。
 
 
この辺をはみ出したりしていると、素人っぽいですし
家が「みすぼらしく」みえてしまいます。
 
 
 
「神は細部に宿る」とよく言われます。
 
 
もうすぐお正月。 
誰だって福の神に気持ち良く居てもらいたいもの。 
気持ち良く新年も迎えましょう!
 
 
 
 
 

【質問】塗装中もエアコンは使えますか?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 

塗装工事の時は、足場がかかるし、ネットで遮られるし
窓から何から何までシートで覆われてしまいます。

 

ただでさえ蒸し暑い長崎の夏場は、
窓も開けられないので住まわれている方には大変ご迷惑をおかけします。

 

 

しかし、以外と長崎も冬場はさむいもの。
窓を開けることも少ないでしょうが、それでも閉塞感が出てきそうです。

 

 

よく質問されることの一つに、エアコンがあります。

 

「エアコンはつかっても大丈夫ですよ」

 

外部にあるエアコンの室外機。これはそのままでは汚しますし
汚さないようにするにはシートで覆うしかありません。

 

ですが、覆ってしまうと、ショートサーキットを起こして壊れてしまいます。

 

そうならないために、あんしん塗装部では
特別なエアコンカバーをつかっています。

室外機のファン部分がメッシュになっているため
エアコンをつかってもショートサーキットを起こす心配はありません。

 

このカバーがあるおかけで、外で塗装をしていたとしても
夏場も冬場も室内はエアコンで快適にすごせます。

 

ただでさえ窓も開けられず鬱陶しい足場養生たち。

 

あんしん塗装部では、
あなたに少しでも快適に過ごしていただければと考えています。

 

 

 

 

断熱材100mm入れてみました

先日我が家の一部に断熱を施しました。

高断熱化が長崎でどれだけ効くのかを試すために。

 

我が家は魔法瓶構造のように、
断熱材でぐるっと囲っているのに
一部断熱されていない箇所がありました。

 

タイルの部分ですので、断熱されていないから
冬場はとても冷たく底冷えするような寒さを
タイル周りから感じていました。

 

それを解消するために徹底的に断熱。

 

IMG_2192

 

 

理屈ではわかっているんですが、
これを実際にするのはなかなか骨が折れます。

なにせ、すでに出来上がっている建物。
新築時の骨組みだけの時にするのとは
やっぱり違いますね。

 

下地の木に合わせて切りながら組み立てながら。

スキマなく埋めていきます。

 

スキマができたところは、防湿テープで押さえながらの作業。

そして、パイプまわりなど断熱材を入れにくい部分は
スプレータイプの発砲材を吹きかけて
断熱欠損がおこらないようにしていきます。

 

本来なら、外部に面した部分なのでもっと厚手の板材がいいにきまっていますが
それでも100mmの断熱材、熱損失係数の基準は平成33年基準をすでに上回っている
ハイレベルなもの。

 

ホント、断熱材があるかないかで大きな違いになってきます。

結果はまた後ほどお伝えします。

 

塗装の要は実は「◯◯処理次第」って知っていました?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

フッ素塗料を使おうが
シリコンにしようが、要はどれくらい下地処理を
丁寧にするかが重要です。

IMG_0624

高級なフッ素を使ったとしても、

丁寧に下地を処理しないままに使っても
結局は密着性が悪くて、
数年たつとパラパラと剥がれることも珍しくありません。

 

最後の見た目は、塗ってしまえば分からなくなります。

ですが、最初の段階でどれだけ手をかけて
下地処理をして、中塗りなどの工程に進むかが実は肝要です。

 

もちろん、あまり傷んでいないものもありますし
傷みすぎてもはやボロボロになっているものもあります。

 

 

ボロボロになりすぎると、部品交換をしたほうが長持ちするでしょうが
ある程度の表面的な劣化であれば、下地調整をして
下地材料に見合った下塗り材を使ってあげることです。

 

その上で、しっかりと中塗りをして、
最後に綺麗に上塗りという3回塗りを施すことで、
建物の塗装の保ちも良くなります。

 

工程を省くのはもちろんダメですが
下地調整をテキトーにしていては
どんなにいい材料を上塗りに使っても意味がありません。

 

 

マスキングテープ大量使い

おしゃれアイテムとして市民権を得たマステこと
マスキングテープ。

女子の間では、デコったりするアイテムの一つとして人気がありますよね。

うちの子たちも、かわいいマスキングテープでよく遊んでいます。

 

でも、ゴメンなさい。そんなカワイイ系の話ではなく
無骨なマスキングテープの使い方の話です。

 

マスキングテープ、その名も、マスクすること、覆うことが目的でして。

 

余計なところに色とかがつかないように、マスキングすることが本来の目的です。

 

塗装の現場では特に、シーリング処理でたくさん使います。

大量に使う理由はコレ!

↓↓↓↓

IMG_7600

 

 

こんな感じで、実は家といっても、あらゆるところに目地があります。

壁のつなぎ目や窓サッシ周りを全部シールするために、コツコツとテープを貼っていきます。

一軒でも軽く100mは超えます。

 

100m走のあの長さは軽く使う感じです。

 

しかも使い捨てしかできません。

シーリング処理でシリコンなどのベタベタするものが
壁など余分な箇所にくっつかないように
マスキングしています。

 

シール処理もマスキングテープを使うことで
ピシーッと綺麗に仕上がってくれます。

 

ありがとうマスキングテープ!

 

 

 

アパートやマンションは綺麗にしておくことが大切

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 

 

先日、とても素敵なオーナーさんから
話を聞かせていただきました。

 

アパートや一戸建ての家を所有されている長崎の方なんですが
「住んでくださっている方に気持ち良く過ごしてほしい」

「そのためには、ちょこちょこ手を入れて綺麗にしなければ」

とおっしゃっていました。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

売り物であるアパートやマンションの手を抜くと
結局は後のメンテで大変なことになることも少なくありません。

 

見栄えよくするだけでなく、意識も綺麗にしておかなければ
入居者はそれに見合った人しか寄ってこないようです。

 

 

そのオーナーさんは、自分の物件はいつも綺麗にされています。
汚れもなく、入居者さんたちの困り事にもすぐに対応してくれていて
長崎にも素敵な方がいらっしゃるんだなぁと感じ入りました。

 

何よりも、外部の見た目や設備に対する意識が高く、
どうしたら「長く気持ちよく居ていただけるか」と
考えていらっしゃいました。

 

貧相な外観や環境では、なかなか豊かさまで気が回らないものです。
でも、設備や外観、家具とか証明がちょっと変わるだけで
なんだか「嬉しさや気持ち良さ」がでてきますよね。

 

メンテや手を加えることで住まいを育ていいく環境が
もっと広がればいいなと思いました。