2017年04月

実は塗装してもすぐ剥げてしまうところとは?

こんにちは。

桜の季節は終わりましたが、あんしん塗装部は
春の陽気の中に、桜色の壁に仕上げております。

 

このように外壁にくっついている
樋や付属物も綺麗に塗装します。

 

塗らないと逆転現象が起こります。

 

壁だけ塗って、樋を塗らないと
そこだけ汚れや経年劣化が目立ってしまいます。

 

せっかく塗ったのに、
かえって汚く見えてしまうという
逆転現象がおこるのです。

 

そのような逆転現象を防ぐために
写真のように樋や付属物も綺麗に仕上げます。

IMG_9894

ちなみに、塗ってうまくいくところと
塗ってもすぐに剥がれてしまうところがあります。

 

塗っても剥がれやすいもので
もっともポビュラーなところは
アルミ製手すりや雨戸です。

 

アルミに塗っても剥げてしまいます。

 

塗れるものは塗りますが
塗ってすぐ剥げるものは塗りません。

 

たとえば鉄製雨戸は塗って長持ちしますが
アルミ製の雨戸は塗りません。

 

もちろんアルミも塗れないことはありませんが
塗っても長持ちしないからです。

 

すぐにパリパリと剥げてしまいます。

 

シャッターも同じように
擦れて当たった部分から剥げてしまうので
シャッターはあまりお勧めしません。

 

 

 

【諫早より】外壁が割れて落下する危険を取り除くことの重要性

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

足場を架けて確認してみたら
予想以上に劣化がひどいことはよくあります。

 

今外壁塗装の作業をしている
諫早にある建物でもちょうどそのようなことがありました。

 

ひび割れは塗装では修繕できません

 

建物のひび割れは放っておくと
雨水の侵入を許してしまいますので
建物はどんどん悪くなる一方です。

 

写真は柱のひび割れ。

IMG_9679

最上階の鉄骨柱にモルタルを塗った部分ですので
荷重は受けていないのですが、
横揺れについていけず経年劣化でひび割れが
進んだと思われます。

 

 

問題は、放っておくと雨水が
内部の鉄骨を錆びさせます。

 

最上階ということで、
そこからこのモルタルの破片が地上に落下したら、、、

 

人に当たった場合は大変な事態を
引き起こすことになります。

 

 

古い建物はどうしても劣化していくものです。

 

ですが、建物の持ち主の責任として
歩行者や近隣の建物に迷惑をかけないようにしなければなりません。

 

あんしん塗装部は
ただ塗るだけ、塗っておしまいではなく
塗ってからもあんしんしてもらえるように
建物の診断や改修を行っています。

 

 

今回の亀裂も取り除いて
落ちない処理をした後にしっかりと補修する予定です。

 

 

キケン!異素材の接合部は雨漏りしやすいって知っていました?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
昨日はまるで台風のような大雨でしたね。
暴風時は漏れやすいのですが、普段漏れていないのであれば
一時的な漏水です。
 
それより問題になるのは
ちょこちょこと起こる雨漏りの場合。
 
特に、異素材同士がぶつかる箇所は
雨漏りになりやすいのです。
 
今日は瓦と外壁の取り合い部分の話です。
 
IMG_9439
 

瓦と外壁の付け根は
鉄板が付いているのが普通です。

 

その形が複雑になればなるほど
雨水は流れる方向が複雑になります。

 

結果として雨が室内に入りやすくなります。

 

 

雨は素直に外へ、下へが基本です。

 

 

総二階の建物ならあまり問題になりません。

 

ですが一階の一部に二階が載っている家は、かならず
一階屋根と二階の外壁の取り合いが問題になります。

 

 

鉄板部分は、塗装がしっかりされていれば
錆びることもなく、ほぼ半永久的に使えます。

ですが、鉄板立ち上がりと防水シートの関係が
よくない場合は、そこから内部へとしみ込んでいきます。

 

防水テープなどで止水していない場合は特に
大雨時に流れる許容量を超えた雨水が
防水シート内部まで入り込んでいきます。

 

結果としてそれが雨漏りになります。

 

防水テープは昔はさほど重要ではありませんでした。
ですが、今は防水テープまでしっかりとはることが重要です。

 

 

特に板金鉄板と防水シートの重なり部分には注意が必要です。

 

 

【事例紹介】防水シートが貼られていても雨漏りする理由とは?

 

今日は外壁防水、止水の話です。

 

昔の建物では
タッカー留で防水紙を重ねるだけで
終わるのが当たり前でした。

 

 

今はブチルテープで防水するのが当たり前

 

特に窓周りは防水テープを二重三重に使います。

 

防水紙と他の素材との兼ね合いがあるところも
防水テープで外側からの侵入を止めておくことが必要です。

 

写真は、防水テープが貼られていないために
入り込んだ雨水が雨切上部より染み込んで
天井面に漏れ出していました。

 

IMG_9657

 

防水紙があっても施工がダメなら漏れます

 

防水紙も適切に貼っていなければ
毛細管現象で裏側に水が回りやすくなります。

 

ただ紙を巻いて止めただけの簡易なやり方では
要は隙間はスカスカですから
いくらでも水は入り込んでいきます。

 

特に風が強く当たると風圧も手伝って
部屋内側に入り込みやすくなります。

 

雨漏りの原因はほとんどが防水紙や防水テープの有無が問題で
発生しています。

 

うちは防水シートが貼られているのに
なんで漏れるのだろう?

 

という場合は剥いで確認してみれば
ほとんど施工方法に問題があります。

 

長崎県は高温多湿で雨が多い地域。

 

雨を完璧に防ぐことは難しいですが
ちょっとでも入り込む余地を減らすことは
難しくありません。

 

 

【現場より】軒下の白いシミの謎の写真

きっと何かが起きている予感。

ただいま工事に携わっている大村市の建物ですが、、、

ここのところ雨で仕事ができません。

 

晴れた日に壁の裏を調べてみる予定です。

それにしても、、、なんでしょうね。

 

IMG_9511

雨漏り?

でも白いシミ

 

まだなんとも言えません。

 

何かが起きているところ。
何かが起きていてそれも頻繁に起きているためか
汚れが目立ちます。

 

直接雨がかかるところではないのに
ここまで水分の痕が残るなんて珍しいです。

 

塗ってしまうと、目立たなくなり
ある程度は隠せてしまいます。

 

かくしたとしても、原因はわからないままに、、、

 

 

もしかするとどこからか水が漏れているのかもしれません。

 

 

そうなると、頻繁に漏れ続けて
内部の木が腐ってしまっていることも考えられます。

 

表面はきれいになってわからなくなっても
原因を解決できていなければ
また同じように漏れてくるか
塗装した塗膜が中からの水で押し出されて膨れてきます。

 

結局そこから剥がれてしまって、、、ということも起きます。

 

でもそれよりももっと恐ろしいことが
塗装では起きてしまいます。

 

水が漏るからシール処理などで
コーキング材をつかって抑えてしまうと
逃げられなくなった水が悪さをし始めます。

 

怖いのは、外に出れなくなった水が
部屋のあちこちに逃げ道を求めて動き回ることです。

 

そうやって雨漏りはわからなくなりますし
部屋の中で雨漏りに気付いた時には
天井裏の木が腐ってしまって
天井をやりかえる大仕事になってしまっていた。

 

なんてことも起こるわけです。

 

 

外壁に出てきたシミを塗装で塗ってしまうのは
賢いやり方ではありません。

 

 

 

畳ベッドスペースに秘められた心地よさ?

 

 

もともとは押入れだったところをきれいにやりかえて
ベッドスペースにしました。

 

 

畳も特注サイズで作って
気持ちよく寝れるスペースになりました。

IMG_9539

 

しかも足元には、引き出し収納。
しっかりとスペースを有効活用しています。

 

 

塗装はもちろん、あんしん塗装部による
なんと4回塗り!

 

 

ここでは白木っぽさを残すように
木材に塗料を染み込ませています。

 

普通なら白木は年月が経つと赤っぽく、
飴色に変わっていきますが程よいピンク色程度で
白木っぽさを残して仕上げられます。

 

 

好みの色に仕上げられます。

 

飴色がお好きな方にはキレイな飴色になる工夫ができますし
白木っぽさが好きな方には、そのやり方があります。

 

もちろん塗りつぶすやり方もありますが、
せっかくの木を活かすなら、最初は木の質感とか
雰囲気を楽しんだ方がいいですね。

 

塗りつぶすことはいつでもできますが、
塗りつぶしてから元に戻すのは難しいからです。

 

 

別に何色でもいい、どんなスタイルでもいい。
と思うかもしれませんが、あなたがしっくりくる雰囲気

あなたが心地いいと思う感じが必ずあります。

 

注意深くあなたのテンションが上がるときや
ゆっくり安らいだ気分になれる時を注意深く観察すると
どんな色、どんな雰囲気、どんな環境、
ということがわかってきますから面白いですよ。

イタリア産タイルの下に隠されている秘密

4月に入って、桜もやっとポツポツ咲く程度。

今年は天気の影響か、寒さもあったみたいで
いつもよりも一週間以上遅れていますね。

 

お正月すぎの寒い時期に始まったリフォーム工事が
終わりに近づいてきました。

 

内部はほぼ終わり、今は外回りをやっています。

玄関周りにはイタリア産タイルを貼っています。

IMG_9471

入手に時間がかかりましたが船便で無事に届き
エントランスや玄関内にも
イタリア産のタイルを貼っています。

 

この玄関、実はタイル床も断熱仕様になっていて
タイルコンクリートの下には断熱材が入っています。

 

冬場の底冷えする寒さも緩和されます。

 

仕上がってしまえば、普通のタイル土間ですが、
そんな温かい仕掛けがしてあります。

 

 

同じように壁なども、ミッチリと断熱材が隙間なく施されているため
その辺の一般的な長崎の建物とするとあったまった空気も逃げにくく、
外の暑さ寒さも伝えにくくできています。

 

 

南国長崎といわれますが、住んでいる私たちにとっては
フツーに寒いもの。

 

夏はムシムシしていますし、
冬はフツーに雪も積もりますよね。

 

 

暑さも寒さも味わえる幸せな土地ではありますが
過剰な暑さや寒さはストレスの原因になるもの。

 

目には見えないストレスが
体にも心にも余計な影響を与えてしまいます。

 

そんな不快なストレスをエアコンや
ヒーターなどに頼っていても
電気代ばかりかかって住宅貧乏になるだけですよね。

 

心地よさは目に見えませんが
心地よさを作り出す構造もまた壁や床下など
見えないところで働いてくれています。