2018年04月

長崎では対処療法的な雨漏り補修は止めよ!

なんだか毎日暑いくらいですね。

桜も長く咲きましたし、
最近は小学一年生が黄色い帽子をかぶって
元気に登下校する姿が目に付きます。

 

いつの間にか四月半分を過ぎました。

そうこうしているうちに二ヶ月もせずに

またあのジメ〜っとした梅雨がきます。

 

 

雨漏りしている建物では雨が降るたびに
気になるところ。

 

できたら梅雨の本降りが始まる前に
綺麗に補修しておくことがベストですね。

 

でも雨漏り補修で気をつけていただきたいポイントがあります。

 

 

雨漏りは部分的な補修では治らない。

 

誰でも安いに越したことはありません。

ですが、安く済ませるために部分的な補修をしたところで
根本から解決できていなければ意味がありません。

 

最初の数年は問題ありません。

ですが、また数年すると同じような雨漏りが起きてしまいます。

 

何度も雨漏りに悩まされるのもストレス、
そして私たち工事をする側としても
何度も迷惑をかけて申し訳なく思うのが常です。

 

対策は雨漏りは根本から治すこと!

 

対処療法では埒があきません。

その出費を抑えたために、結局また雨漏り、
そしてどんどん劣化していって構造までボロボロ、、、

 

なんて状態になっているところも長崎でよく見かけます。

 

雨漏りを修理するなら必ず根本から修理してください。

そうしなければ呪われたように
何度も同じ目にあうのがオチですので。

 

お気をつけて。

 

長崎の人必見!屋根瓦の台風対策の実例紹介

こんにちは。幸せリフォーム部です。

長崎県にはここ十年ほどは台風の直撃による被害はありません。

ですが、そんな甘いことを言っているとそろそろ、、、ですよね。

 

やっぱり台風が直撃したり、五島の方を通ると
まぁ大変な目に遭うのはみえています。

 

もう25年以上昔に立て続けに来た台風では
たくさんの家で屋根瓦が飛ばされ
ブルーシートだらけの時期ってありましたよね。

 

特に軒先の瓦が飛ばされると連鎖的にバラバラバラバラっ!と
飛ばされてしまいます。

 

そうならない対策方法がこちら

 

 

軒先の瓦はビスで留めてあります。

こうすることで軒瓦の風圧での浮き上がりを防止できますので
飛ばされにくくなります。

 

それから、上下の瓦の山の部分には接着剤代わりに
シール処理をして剥がれるのを防止しています。

こうすることで連鎖的に飛ばされていくことも防ぐわけです。

 

台風後は瓦もブルーシートも不足します。

 

瓦が飛ばされてしまうと、一度雨が降るだけで
ビショビショになってしまいます。

応急処置としてブルーシートなどをかけますが
そもそも台風後は飛ばされた家だらけですから
ブルーシートが不足してしまいます。

 

結果として応急処置をしたくてもできない。

結局雨漏りで屋内の家財道具もビショビショに、、、

なんてこともありうるわけです。

 

そうならないためには、
写真のように軒瓦などの対策が有効です。

 

台風シーズンになると忙しくなるので
早めに対処することをお勧めします。

 

洗浄忘れが原因で起こる塗装不具合の箇所とは?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

屋根の塗装で気をつけなければならないのが
足場のベースがある部分。

 

もちろん忘れないのですが気をつけなければならないことがあります。

 

 

 

洗浄し忘れるとクッキリ浮いてきます

 

屋根の足場ベースは部分的にしか持ち上げることができません。

 

全部のベースをあげてしまうとひっくり返ってしまうからです。

 

そのため、交互にあげるしかないんですが
このベース部分をあげ忘れて洗浄していなければ
後々塗装が剥がれることもあります。

 

剥がれた場合は?

 

クッキリと長方形に不具合が出てきやすいので
一目瞭然です。

その場合は再度部分的に塗装の補修をしてもらいましょう。

 

もちろんそうならないように
塗装工事の時にはしっかりとベースもあげて
掃除洗浄などをおこないます。

その上で塗装をしていくのがベストですね。

 

ちょっとした部分ですが
洗浄をしていないだけで
浮きや剥がれの問題にもつながるので注意が必要です。

長崎・諫早・大村・島原の人たちとの出会いに感謝の日々

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 
本当にありがたいことに
素敵な方と出会わせていただいています。
 
 
 
寒さを気にしていただいたり
雨の日の苦労をねぎらっていただいたり。
 
逆に三月なのに20度超えの暑い日には
暑さで体調の心配をしてくださったり。
 
 
ご依頼いただく家主さんたちの快い気遣いに
逆に私たちが心癒されています。
 
 
たしかにあんしん塗装部@(有)嶋崎工務店は安さを売りにはしていません。
そのため、安さを求められる方には
申し訳ないのですがお断りすることもしばしば。
 
 
ですが、私たちプロからすると
安い金額というのは、安いなりの理由があるのです。
 
 

プロとして責任が持てないことはお断りします。

 
 
折角お仕事として関わらせていただけるなら
一生涯の付き合いになりたいと思っています。
 
何か不具合があれば、もちろん手直しにも伺いますし
塗装だけでなく、使い勝手のいい内部のリフォーム、
耐震補強からもちろん新築まで。
 
住まいに関すること全てに
関わらせていただいております。
 
 
ですが、プロとして「これは良くならないな」と
判断できる場合は丁寧にお断りさせていただくことも。
 
 
それが家主さんのためにも良いという
信念を持って大変申し訳ないですが
お断りすることもあります。
 
 

だって折角なら長持ちさせたいじゃないですか?

 
一年ぐらいで剥がれたり
膨れてきたりしたら残念ですもんね。
 
 
そんなことのないように関わらせていただいた家には
心を込めて、愛情を込めて携わらせていただいています。
 
 
出会いに感謝の日々です。
ありがとうございます。