2019年03月

【諫早の現場より】雨漏りの一番の原因になる箇所とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

雨漏りの主な原因に挙げられるのが屋根や壁の劣化ですが、

実際に雨漏りを起こしやすいところはどこだと思いますか?

 

実は窓周りが雨漏りの原因だったりします。

 

屋根はしっかりしていても、窓周りが傷んでいると
そこから雨水が横雨で入り込んでくることが
雨の多い長崎では珍しくありません。

 

 

写真の作業は珍しい作業になりますが
外壁の下をシールで塞がれていたため切り開けて隙間を作っているところ。

 

 

普通この部分は入り込んだ雨水を排出できるように開けてあります。

ですが、雨漏りの応急処置の時に処置をされた方が
念のためこの部分も塞いでしまったのでしょう。

 

結果として、、、窓周りから入り込んだ雨水の逃げ道がなくなってしまいました。

 

地道な作業ですが、建物が長持ちするように
閉じてしまった壁の下端を丁寧に開け直す作業をしています。

 

もちろん窓周りの防水をしっかりしていなければ雨漏りは治りません。

 

あんしん塗装部では、塗装前にしっかりと窓周りのシール処理など
雨対策をした上で塗装作業に入ります。

 

ただ塗るだけではさすがに雨水は防げませんので。

【諫早の現場より】築40年のタイル風呂の劣化状態とは?

こんにちはしあわせリフォーム部です。

 

先日タイル風呂を解体したのですがやはりというか、
予想以上に劣化していました。

 

 

タイル風呂は水漏れが起きやすいため
土台などが腐ることがよく有ります。

 

このお風呂の土台(中央)も腐りかけていました。

そして、右側外壁の方の土台は
もう形をとどめていないくらいボロボロに。

 

シロアリこそいませんでしたが、
長年の漏水で柱や壁の中、土台も
腐れてしまっていました。

 

見た目は綺麗なタイル風呂だったんですけどね。

 

諫早だけでなく、長崎でも大村でも
同じようにタイル風呂は傷んでいるのが普通です。

 

家主のみなさんが「もうこのタイミングで
綺麗に作り変えてよかった〜!」と
いつもおっしゃいます。

 

この状況を見ると、見えないところで
ここまで劣化が進んでいるなんて
考えもできませんよね。

 

見た目でわからないので
壊してみなければなりませんが
築年数からしてだいたい同じように
劣化は進行しています。

 

シロアリ被害がなかっただけでも
まだ不幸中の幸いでした。

おかげで綺麗なユニットバスに
作り変えられましたのであんしんです。

せっかく塗ったのに素人同然の仕上がり、、、ではダメです。

塗装なんてただ塗ってしまえばいい。

 

とお考えの方も確かにいらっしゃいますが
実際に塗装すると思わぬ難しさを感じることも。

 

素人でよくあるのが、床や地面に何も敷かずにするために
塗料をこぼして後で取れなくなるパターン。

そんなことってありますよね。

 

もちろん細かな見た目は気にしない方もいらっしゃるでしょうが
やっぱり汚したりしているとなんだかちょっと、、、ですね。

 

せっかく我が家を綺麗にメンテするなら
綺麗に美しくしたいもの。

 

長崎特有の雨漏りや長年の汚れでくたびれた外装を
リフレッシュして綺麗に。

 

 

写真は、実際に工事で塗装をしているところ。

ローラーも転がすだけなので素人でも確かに簡単にできてしまいますが
塗料をつけすぎると壁につけた時に垂れてきますし
綺麗にローラーが回ってくれなかったり。

 

そうするとムラになって
仕上がりが雑な印象を与えてしまいます。

 

外装は、我が家の顔です

 

せっかく塗ったのに汚い仕上がりだったり
はみ出てしまっていたら残念ですよね。

 

我が家の顔ともなる外装を綺麗にしていたのに
結果として色ムラがあったら素人がしたのかと思われかねませんww

 

あんしん塗装部では床もビニルで養生します

 

床や地面を汚さないように、床も綺麗に養生しながら
仕上がりも綺麗になるように丁寧に仕上げていきます。

 

あなたの家が美しく生まれ変わりますように。