2020年09月05日

台風と祈りの長崎に暮らす心がけを

お電話いただく皆様から
台風前の忙しい時にと温かいお言葉をいただき
ありがたい限りです。

お心遣いが本当に嬉しい。
ありがとうございます。

 

そう、今まさに台風が来ていますね。
稀に見る強い勢力のものらしい。

 

世の中がパニックになっている模様。

確かにわかります。

ですが、だからと言ってどうか思いやりは忘れないで。

 

私たちは長崎で暮らしています。

 

長崎の人の念い方次第で、台風は爪痕を残しますし
優しく通り過ぎてくれることもあるでしょう。

 

それでも、やはり暴風圏内に入るでしょうし
無傷では済まないでしょう。

 

大きな災害にならないことを祈りましょう。

 

祈りなどを非科学的として
ないがしろにして来た社会ですが
ここ長崎はやっぱり「祈り」が似合うところ。

 

たとえキリスト教徒でなくてもいいのです。

私も仏教徒。

ふつーに普通の日本人。

 

でも、科学的に理解できるのは5%がせいぜい。

残り95%は神仏の世界にあるんだなと思います。

 

今回の台風、人間様にはどうにもできません。

神のみぞ知ることかもしれません。

 

ただし、念じて圧はかけないように!

 

念じる強さは圧力として新たな気の変化を生みます。

それが気圧の元になります。

 

 

結局今回の台風と共に良い流れになることでしょうから
そうなることを楽しみにしましょう。

 

関東などよりは災害慣れしている九州なら
なんとかこの災害も乗り切れるのかもしれません。

 

きっと私たち一人一人の気の持ちようにかかっています。

 

何が起こっても大丈夫!
楽しむだけです。

 

滅多にないことが起きても
それはそれで楽しみましょう!

 

どうか口から不幸な言葉だけはやめましょう。
幸せがあなたから逃げていかないように。

 

台風と共に幸せが訪れることを楽しみに(^_^)