嶋崎工務店ブログ

あなたが塗装トラブルに気づく時期とは?

せっかく塗装するために三社も見積もりして決めたのに。

休みの日を返上して見積もりのための打ち合わせに時間をとったのに。

営業マンの雰囲気が良かったから決めたのに

 

 

それなのに、なんでこんな工事!

もう色が剥がれてきた!

ふくれてきているところがある!

 

連絡しても難しそうな対応できてくれない。

 

安くても信頼できそうだから決めたのに、、、

あーこんなはずじゃなかった。

失敗した、、、

 

 

 

 

「契約までは全てがうまくいくと信じていたんですが、、、」

 

調子のいいことだけ言って現場はずさん。

 

あれ?塗料の種類が違うんじゃない?

あれ?3回ぬったのかな?

あれ?サビとか落としてないんじゃない?

 

 

そんなこと、実は長崎でも実際に起きています。

 

前回3社見積もりして決めたけど良くなかった、、、

とか、

塗ってもらったけど、なんかおかしい。

 

といった不安で悩んだあげく私たちに
連絡をいただくことがあります。

 

問題が起きるのはいつも契約後

 

誰だって契約まではいい顔をしているもの。

仕事が欲しいからと無理に
安い金額でする業者さんもいます。

 

長崎でも安いからと頼んだお客さんが、
失敗したと後悔することも少なくありません。

 

安い理由があるからです。
わざわざ高いものを赤字してまで
安くサービスできるはずがありません。

 

 

見積段階だったらダメな業者さんや
あわなさそうな業者さんはもちろん見極めていきますよね。

 

でも、いつも塗装のトラブルは契約後、

工事中に起きるものです。

 

契約通りの仕事をしてくれるかどうか。
屋根壁は3回塗りといったのに、屋根は見えないから2回しか塗ってないとか
仕様書に書かれている塗料と、現場においてある新品の塗料が違うとか。

仕事を下請けに丸投げするところもありますので
管理しきれていない場合もあります。

 

塗装のトラブルは契約後に起きることを忘れないでください。