嶋崎工務店ブログ

長崎の人が知らないこと。塗装を5年長持ちさせるヒケツとは?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

 

塗装を長持ちさせる秘訣はズバリ端部の処理にあります。

 

 

広い面を塗るのはある意味下手でもできます。

ですが、大切なのは端部の処理です。

 

 

鉄部と木部の取り合い部分、

外壁と鉄部、外壁と木部などの取り合い

角の部分など、キワと呼ばれる部分は手を抜いてはいけません。

 

塗り絵などもそうですが、境目の線を綺麗に塗ると
全体が映えてきます。

 

境目を塗らずにいると、はみ出したり、塗れていない部分があったりして

塗り絵の仕上がりも子供っぽくなるのと同じです。

 

ですから、先に境目の線を綺麗に出すことで
シャープで綺麗な見た目に変わります。

 

それに、当然ですが雨が漏れるのも
境目からしか漏りません。

 

キワの部分の処理がうまくできていなかったり
キワや端部が劣化して水が染み込みやすくなります。

 

とすると、キワの処理をキチンとやっていれば
長持ちしやすくなるということです。

 

時間はかかりますが丁寧に仕上げたところは
軽く3年から5年は長持ちするようです。