嶋崎工務店ブログ

長崎でも一般的な塗装相見積も危険な理由?

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

塗装の丸投げ工事、
もちろん自社に設備も技術者も抱えていなければ
当然塗装工事は下請けに頼むしかありません。

 

 

新築やリフォーム工事など、
いろんな業種が絡むものであれば、
リフォーム店や建築会社さんが
あなたと契約するのが一般的ですよね。

それは普通ですので問題はありません。

 

 

 

ですが、単なる外壁塗装などのリフォームで、
自社施工しない場合は問題です。

 

ちなみにこれは大手のリフォーム部門会社などに頼んだ場合も同じことです。

 

 

直営ではなく丸投げ工事が危険なのは管理をしない点です。

もちろん現場常駐している監督がいれば別ですが、、、

 

下請けの単価が合わないから、
と塗料代を浮かせることも考えられます。

 

賢く塗装の相見積もりしてもダメな理由

IMG_0951

相見積もりで安いところには決めなかったからウチ

は大丈夫!

と思っていても、実は安心できません。

 

 

なぜなら、下請けに大した金額を払っていない
元請け業者かもしれないからです。

 

そもそもの契約金額が低ければ、
下請けにお願いする金額も低くなるのは当然ですが、
そこそこ一般的な金額なのに、
下請けのお金を削るところだとしたら、、、

 

あなたと契約した営業マンは
とても気さくで親切で信用できる人かもしれません。

 

高いお金をかけて塗ったのに失敗した、、、?

 

あなたの見えないところで
実は労働環境がとても悪いなんてことが
建設業階ではまだまだあります。

長崎はもちろん例外ではありません。

 

高いお金をかけて塗ったのに失敗した、、、

という長崎のお客さんのところに限って
自社施工ではないところばかりです。

 

トラブルを防ぐなら自社施工かどうかが一つのポイントです。

失敗した、、、と思うのは工事が終わってからでてきます。

 

ご注意ください。