嶋崎工務店ブログ

モッタイナイでエアコンは消してはいけない理由

今年の長崎も暑い夏でしたね。

といっても9月秋分すぎたらまた夏日になって暑い日が続いています。

エアコンに頼らざるを得ないですが、電気代もかかるため考えものです。

 

エアコンの「ダイキン」が面白い実験をしていました。

簡単に説明しますが、実はこまめに消すよりも、

付けっぱなしのほうが電気代が節約できるって知ってましたか?

 

30分いないの外出なら連続冷房がいい理由

 

 

エアコンは起動時に電力を食います。

起動時になぜ電気代がかかるかというと、スイッチを入れる時って
だいたい暑い時が寒い時なんですよね。

 

要するに、気持ちよい快適な室温にしたくてスイッチを入れているはずです。

 

気温が30度越えしてくるとたまりませんからスイッチオン。

逆に冬場は10度以下になっていきますからスイッチオン。

 

設定温度がだいたい20度代の温度ですから
35度以上あるときは、設定温度の25,6度のところまで
全力で下げようとエアコンも頑張るわけです。

 

 

設定温度付近になれば、あとはモーターもゆっくり運転し始めるので
それほど電気代もかからなくなります。

 

そうなると、ちょっとコンビニまで、、、と外出時にわざわざエアコンを切ると
じんわりあったかくなって、またまた全力運転をしてしまうのです。

 

外出してもだいたい30分程度で戻って来るのであれば
エアコンは付けっぱなしのほうが効率的です。