嶋崎工務店ブログ

雨の長崎は要注意!ALCパネルは水に弱い!

ALCパネルは鉄骨造の代表的な外装材なんですが、
メンテナンスを怠ると大変です。

長崎でもALCパネルはよく使われる材料で、
住宅でも旭化成などのヘーベールなどが有名です。

軽量気泡コンクリートって?

この素材は日本語で軽量気泡コンクリートと言うんですが、
普通は重いコンクリートに空気をたくさんいれて軽さと断熱性能を
高めています。

要するにスポンジですね。

スポンジみたいなものなので、水は吸収しやすくなります。

他の素材よりもスポンジっぽいのでグングン吸ってくれるんです。

 

もちろんそれでは外装材として役に立たないので
表面は塗装をして染み込まないようにしてあります。

 

ですが塗装が劣化すると、、、瞬く間に劣化が進行していきますし
雨漏りが始まります。

スクリーンショット 2016-09-30 7.56.08

 

写真の壁は、黒くなっていますが塗装が傷んで劣化したため
汚れがつきやすくなったものです。

 

そうなると、グングン塗装が傷んでいきます。

 

結果として、その部分から水を吸い込んで、
丁寧にも室内に雨水を運んできてくれますww

 

余計な水分は建物にも私たちの暮らしにも天敵

 

問題は、水分を含むと強度がガクンと下がるので
鉄骨特有の揺れで力が加わると、ALCの角が割れたり
写真のように折れてしまったりします。

 

この状態では補修では追いつかなくなります。

外装もですが、雨漏りによるストレスの方がツライですし
運気も水気で逃げてしまいますので
早めにメンテナンスをしておくことが重要です。