嶋崎工務店ブログ

高温多湿の長崎でシーリングの劣化は危ない理由

こんにちは、あんしん塗装部です。

 

調査に伺ってよくあるのが、シーリングという
ゴムのような材料の劣化です。

 

長崎は雨が多いので注意してほしいのですが、、、

 

外装工事をする人たちも実は
あまり注意していないことがあります。

 

シールが切れても防水シートがあるから大丈夫?

 

 

結論から言うとNOです。

シーリングが切れても
防水シートがあるから、、、はダメです。

 

 

工事をする人たちは、シーリングが切れても
防水シートがありますから雨は入りません。

 

というかもしれません。

 

そんなことを言う業者ははっきり言って二流です。

建築のことがわかっていない人はそう言います。
構造的なことや劣化の仕方がわかっている人は
雨水をいかに止めるかに慎重になっているはずです。

 

 

確かに防水シートがあるおかげで
バシャバシャ雨が入ることはありませんが、
雨水は、極力外部で止めることが鉄則です。

 

シーリングが切れているけど
防水シートがあるからOKではありません。

水は毛細管現象でどんなところでも入り込みます。
防水シートの隙間からも入れますし、
シートのを留めている針穴からも入っていくのが普通です。

 

 

シーリングの切れは、劣化して広がっていきますし
濡れ続けるとシートの裏側にある木材がカビて腐っていきます。

 

長崎は高温多湿で雨が多いので
あまり気軽に考えてはいけません。