嶋崎工務店ブログ

長崎では意外とテキトーにされるシーリング撤去作業?

 

こんにちはあんしん塗装部です。

外部リフォーム工事で必ず出てくるシーリング工事。

IMG_0301

 

目地のシールを剥ぎ取っていくのですが、
弾力のあるゴムみたいなもので
これがなかなか剥がれません。

 

相見積もりをとって安いところに、、、
と金額で失敗する人が後をたたないのは
安さにはかならず原因となる部分があります。

 

工事費が安いところにありがちなのが実は
シーリング処理をテキトーにしてしまうことです。

 

長崎でもよく見かけるシーリング工事のありがちな工事

 

困ったことに、これは工事が終わると
仕上がりの見た目はわかりません。

 

実は塗装と同じで仕上がった時には
その違いを見抜くのはプロでも困難です。

 

ですが数年するだけで違いは明確に現れます。

 

もしも、たった2,3年で劣化が激しい部分があるなら
間違いなくシーリング処理をテキトーにしていた証拠です。

 

痩せたところに打ち増ししても、
薄くしかかぶせていなければ
効果はあまり期待できません。

 

もちろん、立地条件などで劣化の度合いも違いますし
最初にどんな工事をしていたかでも条件は変わります。

 

工場の中で機械が作るのではなく、
いまもむかしも人間の手によってしか
建物は仕上がりません。

 

ですから、どんな人が仕上げたかで
違ってきます。

 

それはやっぱり、ベテランの職人技術者がやるのと
ペーペーの職人がやるのとでは違うわけです。

 

シーリング撤去は時間がかかるが惜しんではいけません

 

溝になっている部分から綺麗にシール材を取り除くのは
時間がかかるため、多くの会社がそこまでやっていないのが現状です。

 

ですが、これが原因でせっかくリフォーム工事をしたのに
シーリング部分が剥がれる、、、なんてこともよくあります。

 

シーリング工事が高いな、、、と思った場合は、
確認してみてください。

「シーリングは完全に撤去しますか?」

 

端っこが残っている撤去の仕方なら安いでしょうが
しっかり撤去してくれるところはやっぱり手間暇かけて
後のことまで考えて補修してくれている証拠です。