嶋崎工務店ブログ

山の多い長崎は樋に詰まった落ち葉も注意が必要

こんにちは、あんしん塗装部です。

 

足場を架けてよく樋を覗いてみると、
長年のゴミが詰まってしまっているところがあります。

 

どうしても長崎は山が多く、
家の近くにも林があったり大きな木があると、
上から落ち葉が落ちてきますよね。

 

屋根に落ちた葉っぱは、雨に流されて樋に流れていくのですが
時間が経つと、葉っぱや泥で詰まってしまいます。

 

IMG_6639

 

樋が詰まって上手く流れないために
雨の時には詰まったところの近くから
バシャバシャと溢れ出すこともよくあります。

 

そうすると、その部分だけ樋が傷みはじめるんですが、
それだけで終わりません。

 

 

いつも濡れる場所から劣化が始まる

 

 

結果として、その周りの屋根や、軒裏、壁に水がかかるので
水がいつもかかる場所は必ず劣化が進んでいきます。

 

雨漏りも樋が上手く排水できなかったことが
最初の原因で、周辺の屋根や壁を
劣化させたことが原因だったりします。

 

塗料で保護されていても、
いつも濡れ続ける環境だと長持ちはしません。


長崎の夏場の屋根は70度以上になるし、
冬場は5度以下というただでさえ過酷な環境です。

 

そこに水が加われば劣化スピードが速くなりますので
侮れません。