嶋崎工務店ブログ

長崎で雨水と上手く付き合うための3つの鉄則

昔の家は、雨に対してもよく考えられていました。

 

長崎でももう少なくなりましたが、

日本の伝統的な家屋はよく考えられていました。

 

昔の建物は軒が深くて綺麗ですが、
あの作り方にも意味があります。

 

R0017397

写真はすみません、長崎ではなく京都の桂離宮。
以前宮内庁にお願いして見せてもらった時に撮影したものです。

 

これらは決して見た目だけのものではなく、
長年の知恵でできているのです。

 

特に雨に対してもよく考えてつくられています。

そして雨水には実は3つの鉄則があります。

 

 

  1. 外部で水は防ぐ
  2. 水はなるべく建物から離す
  3. 水の逃げ道をコントロールする

 

外部で水は防ぐは、塗装や防水のことです。

 

そして2つめは水はなるべく建物からはなさなければなりません。
離して処理することで、雨が入り込むことを防げるんですよね。

 

昔の建物は、軒が深くて、
雨が直接壁に当たらないようにできています。
直接当たると、木造は傷んで劣化するからです。

 

今のように表面を強力に保護する材料もない時代は
どうしてもメンテナンスの手間がかかってしまいます。

 

水がかかることで傷むということは、
昔の人には当たり前のことでした。

 

樋をかけて、水がバシャバシャと落ちてこないように
コントロールすることで、長持ちさせられるようになりました。

 

次回は雨樋をつかった雨水コントロールの
見落としがちな問題についてお伝えします。