嶋崎工務店ブログ

滞留水が建物にも人にも悪影響を及ぼすメカニズムとは?

こんにちはあんしん塗装部です。

雨樋の詰まりはよくない話をしましたが、
今日は雨水コントロールの見落としがちな点をお伝えします。

 

なんか体調が悪いなとか
よくないことが立て続けに起こるな、、、

といった見えないことに怯えたり
苦しんだりしているならなおさら大切です。

 

物理的、科学的な理由で雨水がよくない理由をお伝えします。

 

水は恵みの雨ですが、滞留水はよくありません。

水は淀みなく流れ続けなければなりません。

溜まると、腐敗していきますし、ボウフラなども湧いてきます。

湿っぽいとどうしても害虫も寄ってきますし
カビやシロアリも喜んで活動していきます。

 

まぁそんなことを踏まえて雨水コントロールの話です。

 

屋根に降った雨が雨樋を通って下に降りてきます。

ですが、、、地面までいった雨をどうしているかが肝心です。

 

 

一階で垂れ流しするとダメ

 

 

たとえば、庭に雨水ますがあって
樋をでた雨水が流れるようにしていても、、、

 

よく見かけるのが掃除をしていなくて
泥が溜まって水が流れていない家がよくあります。

 

ながれない、、、とか雨漏りがする、、、と悩まれているなら
泥溜まりがないか確認してみてください。

 

ひどいところは、雨水ますもなくて
そのまま一階部分で垂れ流していることも
少なくありません。

 

そうすするとあちこち雨水は動いていきます。

 

庭で雨が流れず水たまりになって、歩けなくなるとか

床下に逆流して行っているものも少なくありません。

 

床下がジメジメする感じがしたら、
家の周りを確認してください。

 

  1. 雑草を刈る
  2. 溜まった泥を取り除く
  3. 雨水が流れる道を整える

 

1,2をやるだけで流れがよくなります。

 

3は人間がうまく自然と付き合っていくためには
最低限するべき解決法です。

 

水の流れをせき止めるようなことをすれば
気持ちも滞りやすくなりますし
いろんな問題を引き起きしていきます。

ろくなことが起きませんので、
うまく屋外から敷地外の道路側溝に
流れるようにしておくことが重要です。