嶋崎工務店ブログ

たかが家?されど生きている家を「扱う心」が大切な理由

同じような金額で、工程も同じ。
使っている材料も同じなら差が出るのはおかしい!

 

と思いませんか?

 

でもやっぱり出るんです。差が。

 

今日の話は立地条件の話ではありません。
下地状態の話でもありません。
職人技術者の技術レベルの話でもありません。

 

「気持ちがこもっているかが実は鍵」

 

 

たとえギリギリの予算であっても、
気持ちがこもっているかどうかです。

 

それは、技術者の仕事への気持ちの込め方が一つ

 

 

もう一つは、あなた自身が気持ちが
こもっているかどうかになります。

 

 

あなたの住んでいる建物がただの耐久品だと考えていれば
おのずと建物自身もそのつもりの朽ち方をします。

 

ですが、建物は生きています。
湿気を吸って呼吸をし、不調になれば症状を出し
私たちに教えてくれています。

 

現代社会は、物質的な面の豊かさしか追っていません。

本来私たちが大切にすべきものは「扱う心」です。

忙しいから、粗末に扱う。
お金がないから症状が出ても放ったらかし。
どれでもいいのでとにかく使えればいい。

 

もしもあなたがそんな仕打ちを受けたらどうでしょうか?

 

たかがモノじゃないか。バカバカしい。。。
と思う人は、どんなにいい材料を使っても
長持ちするレベルもそこそこで終わります。

 

ですが、扱う気持ちを大切にする人の家は
同じ材料でも長持ちします。

 

たとえ材料や工程が同じでも、
所詮は人間が作るもの。

 

そして人間が使うもの。

 

それに携わる人たちにも「扱う心」は伝染し、
どんなにいい仕事をする人であっても、
80%ほどしか能力を発揮しません。

 

150%の能力を発揮させて長持ちさせるなら
「扱う心」の取り扱いはやはり侮れません。