嶋崎工務店ブログ

あんしんでハウスメーカーを選ぶと失敗する理由

こんにちは。今日は塗装の話ではなく住宅、
住まいに関する話をお伝えします。

 

まず先に結論を伝えます。
大学で教える先生として長崎県にお住いのあなただけでなく、
全国の方にもお伝えします。

 

「ハウスメーカーに頼んでもあなたの求めるものは手に入りません」

 

建てて後悔する人があとを絶たず、
この間取りをこうしたかった、、、とか
すごい人は10カ所も会社を回ったけど
私たちが目指す暮らし方は提案してもらえませんでした。

とおっしゃる方もいました。

 

塗装リフォームでも不満を述べてくださる方が
長崎にもたくさんいらっしゃいます。

 

でもどうしてせっかく建てたりリフォームするのに
こんな悪循環が続くのでしょう。

 

そのメカニズムをちょっと説明します。

 

だいたいモデルハウスを見に行くと
いい感じの建物ですが現実的ではありません。

 

長崎の普通の人が住む家の3倍のコストと
2倍の広さがあります。

 

大きな庭があったり、中庭があったり
アイランドキッチンがあったり、、、

くつろぎのリビングや
書斎があったり。

 

んなアホか。

と専門家からするとツッコミを入れたくなります。

 

いいものを見せてから実際の敷地サイズに合うように
プランをするとモデルハウスの半分サイズ。

 

しかも、予算を大幅に超えるのは当然ですから
予算内に納めるとするとフツーの、ごくフツーの
夢の住まいができてしまうことになります。

 

 

私にはそれは許せません

 

いいものから引き算をして
残ったものに無理やり住まわさせるやり方は
誰も幸せにしません。

 

大学の先生として、建築学に関わる仕事をしている身で言わせていただくと
不満や後悔をもったまま生活しても
人生は後悔しかありません。

 

もちろん精神衛生上よくありません。

 

ついついイライラしたり
ご近所さんともうまくいかなかったり。
仕事もトラブル続きだったり。

 

「暮らし」とは人のベースになる部分

 

その部分が満たされていないのに
どうやって幸せが手に入るのでしょうか?

そこをないがしろにして幸せになるとは私には思えません。

 

まずは、気持ちよく暮らせるようにしなおすこと。

 

もちろん安いものではありません。

 

ですが、ローンだけでなく
その苦しみを背負って生きるなんて過剰です。

 

せっかく生まれてきたのですから
自分が気持ちよく生きれることを選択するのは大切なことです。