嶋崎工務店ブログ

長崎でも当てはまるモッタイナイの間違いな暮らし

こんにちは。

 

満たされた幸福感と持ち物の数は
比例するって知ってますか?

 

ここ長崎でもそれは同じです。

モノに頼っても幸せにはなれません。

 

幸せな暮らしが長崎で手に入ることはないでしょう。

 

 

 

断捨離が流行ってますから
あなたもご存知かもしれません。

 

 

 

仕事柄いろんな方の家を見てきてわかりますが
モノの量と満たされ感は比例しています。


 

 

別に何もない部屋、ミニマリストと呼ばれる人たちが
実践している部屋を目指さなくて構いません。

 

 

あなたにとって必要なもの。
気持ちがいいものだけに絞ってください。

 

 

いつか使うから、、、と
大事にとってしまう年配の方もいらっしゃいます。

 

 

もちろん戦中戦後の激動の時代を生き抜いてこられた方には
もしものためにも備えるという意識が高いのかもしれません。

 

ですが、モノの気持ちにもなってください。

 

モノは、使われるためにあります。

 

 

道具も使われるためにあります。

 

いつか使うから、、、と大事にとっておくことは
モノにとっては自分の使命を果たせていないのです。

 

使われることによって喜びがあるのに
使われることなく、埃かぶって
物置に積まれているだけ、、、

 

これってモノにとってかわいそうだとは思いませんか?

 

日本には八百万の神がいると言われています。
一つ一つのモノにも魂があり、神が宿っているとして
粗末に扱うとバチが当たるといいます。

 

きっと、使えるのに捨ててはバチが当たる、、、

 

と思っているかもしれません。

 

ですが、使われないモノをモッタイナイといって
ただ保管して、しかも忘れ去ってしまうことほど
罰当たりなことはありません。

 

モノからすると腹立たしいと思いませんか?
もしもあなたが、自分の生き方を全うできない場所に
ずーっと閉じ込められたままで忘れ去られていたら
悲しくなるはずです。

 

モッタイナイより捨てるか渡す

 

貰ってくれる人がいない。
それなら一度捨ててください。

こころが痛むと思います。

ですが、その痛みは忘れないでください。

 

次は無駄にモノを買わなくなります。

無駄にモノをモッタイナイといって集めなくなります。

 

そこからやっと気持ちいい住まい方が始まります。

 

長崎にいる人たちの暮らしがもっと幸せに満ちた
生きがいにあふれたものになりますように。