嶋崎工務店ブログ

意外と寒い長崎の冬を快適にする「壁のような窓」

壁のような窓?

ナニソレ?

 

といわれそうですが、
要は断熱性能が高断熱壁のレベルの窓です。

 

長崎ではそんなもの必要ない。
と思われるかもしれませんが、
「住宅貧乏」で冷暖房光熱費などの維持費に
お金が知らず知らずのうちにとんでいくもの。

 

窓は要注意なのです。

 

 

ただ、だからといって小さな窓ではなんだか部屋の中が暗いし
鬱っぽくなっても仕方がありません。

 

私は大きな窓が好きです。

 

ただし、大きいとその分冬場は部屋の中の
温まった空気が逃げていきますし
夏場は外の暑さが伝わってきます。

 

だって昔の家はガラス一枚、
ほとんど外と言っていい状態です。

ペアガラスになったとはいえ、
断熱性能はまだまだ低い。

 

日本のサッシメーカーの作る窓は子供だまし

 

ビル用はもっとしっかり考えているけど
なんで住宅用の窓は
あんなにヘンテコなのか意味がわかりません。

 

しかも、とってつけたような断熱性能で。

 

 

それからするとヨーロッパの極寒で
鍛えられた窓の性能は凄まじいものがあります。

 

窓なんですが、、、壁レベルの断熱性能。

e11-ajm-03

窓だらけでも熱が逃げないのです。

 

イギリスもこのドレーキップ窓がよくありました。
ガシッとしていて音から熱からシャットアウト。

 

視界だけは窓ですから通りますが
内部と外部はしっかり縁を切らなければなりません。

 

 

安い窓をつけて、生涯光熱費を垂れ流すより
快適で光熱費も下げられてかっこよくておすすめですよ!