嶋崎工務店ブログ

注意!水の出口は塞いではいけません!

失敗した雨漏り処理でよく見られるのが
水の出口を塞いでしまっていること。

外壁と水切りの間とか
窓下とか
わざと水が抜けるようになっている部分を塞いでしまうと
逃げられなくなった水が、今度は部屋の中に入り込んでいきます。

 

 

もちろん透湿防水シートという
白い紙が外壁のすぐ裏にはあるので、入ってはきません。

 

でも、逃げ道を失った雨水は容赦なく入り込みます。
シートを留めているステープラーなどの針穴や釘穴からも入ります。

IMG_1648

 

大量の雨水でなければ、晴れた日に自然と乾きますが、
それでも、ルートが塞ぎっぱなしなら
毎回雨が降れば、針穴から中に染み込んでくることに。

 

雨に濡れた断熱材は効果がガクンと落ちて
元に戻らなくなります。

 

もちろん壁の中の木材は黒く雨染みができますし、
そうこうしているうちに、長崎の高温多湿の天気で
木材腐朽菌がどんどん柱などを腐らせていきます。

 

そんなこんなで、雨が入り込むといいことはありません。

 

出口をふさがず、まずは入口を補修するなり
塞ぐことが鉄則です。