嶋崎工務店ブログ

【解説】チョーキングが塗り替えサインである理由

建物も南側は西側は日当たりがよく
色あせが起きるのもだいたい南側や西側です。

 

よくチョーキングといって白い粉が手に着くと
塗り替えのサインですよ。

DSCN4841

といわれますが、そもそも何で
塗り替えないといけないのでしょうか?

 

 

紫外線から本体の劣化を防ぐため

 

 

日の光の中には紫外線という目には見えないけれども
強烈な光が届いています。

 

紫外線は消毒というか、殺菌作用もあるんですが
浴びすぎるとよくありません。

 

実際人の肌にシミをつくったり、皮膚ガンを引き起こすのも
紫外線ですよね。

 

輪ゴムなどの劣化を早めるのも紫外線の影響ですし、
ゴムみたいな弾性系のシール材を劣化させるのも紫外線です。

 

同じように、表面保護材である塗料の品質を
劣化させていくのも紫外線なんです。

 

塗った時に触っていただければ分かりますが
ツルツルスベスベのお化粧状態に建物はなっています。

 

ですがチョーキング現象が現れてきた建物は
表面の光沢もなくなり、ツルツルスベスベではありません。

 

ガサガサしてくると、汚れも付きやすく
汚れから雨だれ汚れや、苔の繁殖も増えて
だんだん劣化が進んできます。

 

紫外線は満遍なく降ってきますから
劣化してきたらまた保護してあげることで、
建物本体の劣化(雨漏り、ひび割れ、下地交換)など
大幅にコストアップする補修をしなくても済むようになります。