嶋崎工務店ブログ

長崎のリフォームでも写真管理をしなければならない理由

「えー!前回した時は写真なんて出してもらえませんでした!」

「そんなことしてもらったかな?」

 

私「マジですか!?」

 

改めてこんにちは。 
長崎諫早県央地区で建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

 

長崎でも諫早でもそうですが、
打ち合わせに行った先のお施主さんから
たまにビックリすることを聞きます。

 

 

工事した途中の写真などを完成したあとにまとめて出さないんですって。

ハッキリ言ってビックリです。

 

だって、どんな仕事をしたのかわからないじゃないですか。

 

ちゃんと色を変えて塗ってくれているのかとか

悪い箇所がどんな状態になっていたのかとか

劣化した箇所をどう修復したのかとか

 

後で塗ってしまうと見えなくなります。

 

 

雨漏りも工事して綺麗にしてしまうと見えなくなります。

 

 

どんな材料を使っていたのかもわからなくなります。

 

 

価格だけ高くて、使っている材料は実は単なるペンキ、、、

なんてことがあっても塗ってすぐはわからないのです。

 

 

後ろめたいことがなければ写真提出もしてくれます。

 

 

長崎県内のほとんどの会社は良心的ですから
写真も提出してくれるはずです。

 

もしも、「写真を提出してください」

といって、嫌な顔をしたり面倒そうなことを言うところは
たとえ安くてもやめた方がいいです。

 

塗ってしまってからはわからないですので
後で不具合が出てきても、きっとそんな人は
嫌な顔をしたり、責任逃れをする人たちです。

 

合言葉は「写真を提出してください」

 

判断基準の一つとして「写真を提出してください」
という質問をしてみてください。

 

それだけで工事する側も気を引き締めて
工事するはずです。