嶋崎工務店ブログ

【画像紹介】表面は良くても内部が腐った長崎の事例

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

表面は問題なく見えても、壊してみると内部がボロボロ。。。

なんてこともある事例です。

写真はこちら

 

IMG_7059

 

外部に面した化粧仕上げの木材でした。

 

 

表面に浸透性のキシラデコールなどをぬっていたようなので
表面の劣化はあまりみられませんでしたが。

 

他の場所から水分が入り込み、
黒アリが巣を作っていました。

 

木材ですが、中心部はもうオガクズのような
サラサラ粉状になってしまっています。

 

 

雨の多い長崎では頻繁に濡れる箇所は危険

 

たとえどんなにいい木材でも、
濡れ続けると傷みが進行します。

 

キシラデコールなどの浸透性塗料も
表面の保護はできますが
奥深くまで浸透するわけではありません。

 

あくまでも表面の紫外線劣化と、
油分で水が浸みいらないようにする程度。
過信はできません。

 

雨水に関する3つの鉄則があります。

 

  1. まず、何よりも雨に濡れないこと
  2. 濡れても染み込まないように保護されていること
  3. 自然と吐き出せる構造にしておくこと

 

そうすることで家は長持ちします。