嶋崎工務店ブログ

先祖供養も大切ですが片付けルールも重要ですよ。

こんにちは。あんしんと共に想い出を育む暮らしを
お届けする嶋崎工務店です。

 

今日は、塗装の話ではなく、住まいの話。

 

ちょっと科学的ではなく曖昧なところになりますが
よくある話から片付けのことに触れたいと思います。

 

なんだか最近体の調子がよくないな。

なんだか最近あまりよくないことが続くな。

なんか仕事がうまくいかない。

家庭内がギクシャクしてしまってる。

 

 

それは、別に先祖供養をしていないから、、、

 

とは言いませんwww

 

きっと長崎で暮らしているあなたは
盆正月や彼岸などはしっかり墓参りもしているでしょうし
法事などもしっかりやっていることでしょう。

 

それよりもむしろ現実的な目の前の状態に理由があります。

3189271

上手くいかないのは散らかりが原因

 

実は、うまくいかない原因と
部屋の散らかりは関係しています。

 

一見関係なさそうですが、人間は視覚からの情報をたくさん得ています。
散らかっている部屋だと計画的に物事を進められませんし
ストレスもたまってしまいます。

 

自分のモノでなくても家族のモノ
子供のモノが散らかっていると、ついイライラしてしまう。

 

いちいち言いたくないのについ怒ってしまうとか。

怒りで気分が悪くなってしまうとか。

 

綺麗に片付いた家であればそんな悩みはないはずです。

 

 

まぁ子供のことはまた別の機会に話すとして、
今日はモノの量の話を少し。

 

散らかる理由は簡単です。

簡単な公式があります。

 

 

散らかり量=所有品の量 x 片付けルール

 

 

散らかり量は、部屋の中に溢れ出ているわけですから

単純に考えると収納が増えれば片付くと考えてしまいます。

 

ですが、そもそもこの狭い日本の家事情で
そんなに収納スペースだけで税金でとられていいのでしょうか?

 

 

私たちが気持ち良く過ごすための居場所として使うならいいと思いますが
増えた荷物の収納場所として部屋を狭くするのはちょっとおかしいですよね。

住んでいる私たちが、荷物に部屋の中を占拠されるなんて変な話です。

 

ですから散らかり量を減らすために、収納量を増やしてもあまり意味がありません。

 

それよりも片付けルールが重要

 

出したら仕舞う。

収納する場所を決めておく。

そもそも買わない。

片付ける時間を決めておく。

 

など、家族のルールを作っておくことで
大分簡単にできますよ。