嶋崎工務店ブログ

【解説】住宅塗装を安く済ます方法とリスク

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

家一軒のメンテナンス。
だれだって安いに越したことはありません。

 

127736

 

ですが、安くするということは
どこかで誰かが我慢しなければならないものです。
ざっくり言うと、工事費はこれで成り立ちます。

 

工事費= 材料費 x  人件費

 

 

人件費を削るということは、手間を省くということになります。

一手間省くと、その分は安く仕上がりますよね。
もちろん下塗りを飛ばしていいとか合意の上ならありかもしれませんが、、、

 

長持ちの観点からすると損するのでやめた方がいいでしょう。

 

 

では材料費は安くできますか?

 

もちろん材料費を抑えるなら、材料を安いものに変えることもできます。

もしくは、少ない材料で家一軒が塗れてしまえばいいわけで、、、

 

となると過剰に薄めれば可能です。

 

もちろんその後不具合がでないとは限りません。

「不具合が出てもOKだから少ない材料を伸ばして使ってください」

という話であればこれまた可能かもしれませんが、、、

 

正直いって、まともな仕事をされている職人さんは嫌いますよね。

 

とにかく塗ればいい、という仕事をしているところであれば
きっとこんな無理にも応じてくれるはずです。

 

もちろん彼らも長持ちしないとわかってやってくれているので
保証はあってないようなものになるはずです。