嶋崎工務店ブログ

長崎でよく見かけるセメント瓦の危険性

昔の建物だと結構今もセメント瓦を見かけます。

 

診断に伺っていつも思うのが、表面の塗装が剥げ落ちた状態のまま放置されていること。

 

陶器瓦は茶碗などと同じで、
表面に釉薬といってガラス質が燃焼工程でコーティングされています。

だからツルツルして汚れもつきにくいし、劣化もしにくいのです。

 

ただし、作る手間がかかっている分だけどうしても高くなります。

 

対するセメント瓦はセメントを固めて量産したもの。

比較的安価で塗装をすれば見た目は
普通の瓦と変わらないため一時期重宝されていました。

 

 

ですがセメント瓦を見ていただくとわかりますが

小さな気泡がたくさんあります。

スポンジと同じようなものと考えてください。

 

 

いくらでも水は染み込みます。

 

長崎で雨漏りしているところはセメント瓦が多い

 

 

スポンジですから、
塗膜がなければグングン吸い込んでいきます。

 

 

 

吸い込めなくなった分は、瓦の下にも吐き出しているので
防水シートが雨の日は常時傷み続ける原因にもなります。

 

 

防水シートに頼るのではなく、
雨も極力外部で止めなければなりません。

 

 

そのためにもセメント瓦の塗装は必須なのですが、、、
長崎ではそのままにしている危ない建物もたくさんあります。

 

もしも心当たりがあればひどくなる前に手を打ってください。