嶋崎工務店ブログ

【長崎の現場より】塗り替えだけでは意味がないシール処理のハナシ

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 

ただいまやっている、長崎市内の現場です。

IMG_7597

シーリングの劣化がひどかったのですが、
悪い部分は、切り取ってまたシール処理をします。

 

手間を省いてシール処理を怠ると雨漏りの原因に!

 

手間を省くとすると、綺麗に残りカスとなる既存シールを外さず
ある程度でするところもありますがあまり良くありません。

 

古いシールが残っているとうまくくっつかなかったり
そこからはがれたりしてまた「水みち」を作ってしまいます。

 

たまに、10年も経っていない、外壁の綺麗な建物が
シール部分だけひどく劣化しているところもあります。

 

だいたいが、プライマーという調整剤を使っていないか
目地が細すぎるのが原因です。

 

シーリングは、建物防水の要ですから、
ここの処理が下手くそであれば、どんなに綺麗に色を塗り替えても
結局建物は長持ちしません。

 

それに、長持ちさせるシール処理をしておくことで、
10年たってもまだ大丈夫!という状態にすることができます。

 

シール処理の手は抜いてはいけません。