嶋崎工務店ブログ

大掃除でチョーキングに気付いたら知っていてほしいこと

 

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

大掃除ついでに外壁周りを確認するにはいい時期ですね。

せっかくなのでチョーキングサインについてのお話です。

 

 

よくチョーキングを起こすと塗り替えのサインですよ。

といわれます。

 

たしかに、チョーキングを起こしただけで
雨漏りなど重大な劣化がすぐに起こることはありません。

 

 

ですが、チョーキングを起こしたのに
そのまま放置していると、、、
劣化は思ったより早く進みます。

 

IMG_7266 2

 

 

7年目から始まる劣化サイン

 

だいたい7年程度たつと、
日当たりのいい場所にたつ建物では
チョーキングを起こし始めます。

 

 

手に白く粉が付く状態だけでなく、
チョーキングが起きてくるとこんな問題も起きてきます。

 

 

雨水が滞留しやすい
雨水を含みやすい
汚れが付着しやすい
コケが生えやすい

 

 

結局、チョーキングを起こすということは
ツルツルとコーティングされていた表面が
ザラザラになって、粉上に剥がれている状態。

 

 

劣化の最初のとっかかりがチョーキングになります。

 

 

 

7年経ってチョーキング起こした建物は
その後は簡単に汚れや色あせを3年程度で起こします。

 

 

チョーキングが始まると劣化スピードが早まり
あっという間にヒビ割れなどの問題も合わせておきてきます。

 

 

一つのサインとしてチョーキングはわかりやすいので
大掃除ついでに確認してみてください。