嶋崎工務店ブログ

チョーキングがサイン!水濡れが引き起こす外壁劣化

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

チョーキングが起こると表面の劣化が始まりますが
塗膜の部分的な剥がれもこのような状況になります。

 

IMG_2578

 

外壁は、塗装によって染み込みを防いでいるため、
塗膜が劣化してくると雨に濡れるとそこから雨が侵入してきます。

 

 

溜まった水分が悪さをします。

 

晴れれば中に入り込んだ水分も
蒸発して外部へと吐き出されていきますが、、、

 

染み込んでも排水まで考えられていれば問題はありません。

 

ですが、溜まった水の逃げ道がない場合は
蒸発時に塗膜を裏側から押し出すことになります。

 

結果として塗膜をもっとボロボロにしてしまいます。

 

塗膜の劣化は、水の染み込みを許す形になりますので
そうならないためにも早めに塗装しなおすことが大切です。

 

ツルツルして水も汚れも流しやすかった外壁表面は
チョーキングが始まると、ガサガサしてきて劣化スピードは速くなります。

 

 

傷んだ外壁が雨に打たれて水濡れを続けていたら
水の侵入も許してしまうので注意が必要です。