嶋崎工務店ブログ

足場があるときに完了検査と手直し作業をやります。

足場解体前に完了検査を行いました。

 

主に見るのは仕上げの状態

それから思わぬ汚れや
キズ、養生テープなどの残りなど、
素人目でおかしなところはないかをチェックしています。

 

なるべく塗料が飛ばないように気をつけていても
気づかぬうちに飛んでしまうことも。

 

そんな汚れも、検査時に確認します。

足場がなくなると後で拭き取りも容易ではないからです。

 

足場がなければできないことは
足場があるときに完了する。

 

今回は幸いなことに、シーリングのシリコンが
アルミ戸袋にくっついていました。

アルミについたものは、
拭き取れば簡単に取れるので問題ありません。

 

そのほか、工事中の汚れや、それ以前の汚れであっても
ふきとれる汚れは拭き取っています。

 

まぁ、あまり拭き取りすぎると素材を
傷めることもあるため気をつけなければなりませんが。

 

足場解体をするときには綺麗な状態で
あんしんして渡せることを大切にしています。