嶋崎工務店ブログ

雨の多い長崎での塗装のふくれ、、、実は雨漏りかも?

雨漏り部分をそのままにしていては
どんなに綺麗に塗っても意味がありません。

 

塗装屋さんがやりがちなのは、塗装の塗膜で雨が入らないようにするやり方ですが
結局入り口を明確にしないまま、

 

 

「多分これでとまるだろう」
で急いでやっつけ仕事をしてもうまくいくはずがありません。

 

 

すぐ見て原因がわかるものもあれば、
わかりにくいものもあります。

 

塗膜は所詮塗膜にすぎません。

 

 

水が侵入すると、逆に吐き出そうとして
「ふくれ」の原因になります。

 

 

水ぶくれのようにふくれて乾燥して剥がれていきます。

 

 

外壁の不具合で、帯板部分にふくれや剥がれが見られますが
その原因は雨水の染み込みと吐き出しによるふくれが原因です。

 

 

その原因を止めずに、またすぐに塗装だけしても
それではうまくいきません。

 

 

せっかく塗ったのに3年もせずに剥がれて
みすぼらしい姿になってしまいます。

 

 

 

安い塗装工事では、そこまでの手間はかけられませんので
不具合に気づいても塗って誤魔化すことも珍しくないでしょう。

 

とりあえず塗ってしまえば一、二年は綺麗ですから
わかりません。

 

結局、そんな不具合まで塗装だけで処理されても
雨漏りのストレスは消え去ることはありません。

 

気づいたときには劣化が進んだときですので

注意が必要です。