嶋崎工務店ブログ

長崎の寒い冬のヒンヤリ感を防ぐバリア?

長崎でもここ最近寒い日がつづいています。

一月は雪が降りましたが、また週末は雪の荒れた天気になるようですね。

 

そんな寒さもあるため、断熱の依頼が殺到しております。

しかも意外と簡単に、断熱を実感できる魔法のバリアがあります。

 

それが「内窓」です。

 

先日、寝室の大きな窓に内窓を取り付けました。

 

もともと昔の単板ガラスの窓でしたので、

ガラス面の温度はほとんど外気温と同じ。

外が5度ならほぼガラス面は5度

外が30度ならガラス面も30度

といった具合に、外と内の境界が本当にないのが
単板ガラスの特徴ですが。

 

もちろん部屋の温かさもどんどん奪われます。

 

特に寝室などではベッドを壁際によせているため
窓からの冷気がスーッとひんやりした風がくるのが不快でたまりません。

 

部屋は温まっているのに、窓際が寒いのは
単板ガラスの断熱性能が低いから起きてしまいます。

 

 

それを効果的に止めるのが「内窓」とよばれる窓材です。

寝室だけ、リビングだけといった部屋で区切ってつけても
効果は感じられます。

 

結露にも多少効きますが、
結露は部屋の中の水分量を根本的に減らさない限り
その悩みは解決しません。

 

まぁ、それ以上に冷暖房効率が格段に上がるのがいいですね。

しかも工事はたったの1日、一部屋程度であれば数時間もあれば
終わってしまいます。

 

部屋がのこ屑などで埃っぽくなることもなく、どこも剥ぐこともなく
ピタッと窓枠に取り付けるだけで、ヒンヤリした空気を止めて
不快な感じを取り除いてくれます。

 

長崎の家はほとんどすべての家が断熱が弱いため
内窓をつけるだけでグッと変わります。