嶋崎工務店ブログ

【要注意】水回りをリフォームするなら構造まで確認が鉄則!

古い建物は大体がずれていたり柱自体にも亀裂が入っていたり。

そんなところは必然的に補修しながらの作業になります。

IMG_8793

 

新築なら、最初から自分の思う通りに
ことが運ぶため、ハッキリ言って簡単です。

 

でも、リフォーム工事になると
ただ、壁を張り替えるだけの予定だったのに
剥いでみると大変なことに。。。

 

構造材がない!
金物が入ってない!
筋交いが全くない!

 

なんてところも長崎で珍しくありません。

 

 

みなければよかった、、、は間違い。

 

みなければ安く済んだのに。

見てしまったから、高くついた。

 

と考えがちですが、結局そんな不安定な建物が多いから
地震の時に倒壊してしまいます。

 

水回りをいくらリフォームしても根本解決にはなりません

 

たとえばお風呂のリフォームや洗面所のリフォーム。
ユニットバスをとりかえるだけなんてもったいない。

 

ついでに構造が見れる状態ですから、
その時にしか確認できないところも沢山あります。

 

特に水回りは水漏れや湿気で傷みやすいもの

 

 

壁を取り払って構造を見れば、
どこが弱っているかわかりますし
木造なら、接木など自由に工夫して
長持ちさせられます。

 

 

構造的に貧弱な場合はなところには、必要な金物を入れます。

 

写真にあるようにZマークの金物で補強してあげて
建物がバラバラにならないようにしていきます。

 

水回りや壁紙をきれいにしても
肝心の構造がダメダメなら
地震がくれば簡単に崩壊します。

 

正しいリフォームのお金のかけ方に気を配りましょう。