嶋崎工務店ブログ

どうしてエアコンで温めてもヒンヤリ感が消えないの?

 

 

大きな窓は、冬場晴れていればポカポカ陽気が暖かいのですが、、、

長崎といえど、普通に朝晩は寒いですし
先日なんて雪までちょっと積もりましたしね。

 

窓際からは朝早くとか夜になると
ヒンヤリ冷たい空気が流れてきます。

 

特に寝室とかだと、
横になるため、窓は上の方になりますよね。

 

頭元の窓などから、
ヒンヤリ冷たい冷気がスーッと入り込んできて
エアコンをしていても、全然よくなりません。

 

それもそのはず、エアコンは空気を温めるだけです。

IMG_2638

この冷気の正体とは?

 

この現象は冷やされた空気と温かい空気の温度差で生まれます。

 

部屋の中はそこそこ温かくても
窓際になると空気は冷たいもの。

 

温度差が生まれると、冷たい空気は温かい方へ、
温かい空気は冷たい方へと流れていきます。

 

そうやって温度は一定になろうとする力が働きますので
一定の温度になるまで空気の流れは続いてしまいます。

 

 

もちろん一定の温度にはなりません。

 

 

寒い間じゅう、部屋の中の温度は一定にはなりません。

写真にもあるように、部屋の壁は黄色ぐらいのそこそこ温かいレベルでも
窓ガラスはは冷たくて青色になります。

 

なぜなら、窓の断熱が非常に貧弱だからです。

以前のアルミサッシに一枚ガラスだともはや外と同じレベル。

外が5度程度なら、窓の表面温度は7度程度。

 

でも、、、部屋の温度はエアコンなどで
20度近くに設定していますよね。

 

 

たとえエアコンを切った後でも、室内空気は15度ぐらい、
窓はやっぱり7度だと、温度差がありますので窓からの
ヒンヤリ、コールドドラフト現象が起きてしまいます。

 

断熱が弱い部分、弱い部屋があれば
ヒンヤリ感や冬場の結露の原因にもなってきます。