嶋崎工務店ブログ

【事例紹介】外は乾いていても内部で漏れている長崎の事例

 

外はもう晴れて外壁はカラカラだったんですが、
中から見るとやっぱり滲んできています。

 

 

室内にすぐに症状が出て来れば気づくのも早いのですが
室内に出てくるときは、壁内や天井裏など見えないところで
もう広がりようがないくらい広がってから見つかることがほとんどです。

 

 

外壁材は塗装が命

 

IMG_2644

 

 

ALCパネルなどもともとスポンジみたいなものですから、
表面のコーティングで止められないと
どんどん吸い込みます。

 

 

そして、部屋側は素のままですのでどんどん吐き出して行って、
カビだらけ、雨漏り、といったことがおきていくわけです。

 

 

塗装に頼るのが良いわけではありませんが、、、

 

ALCなどのスポンジ状の外壁材
無塗装の外壁材はコーティングされていませんので
水分をグングン吸ってしまいます。

吸った水分をうまく吐き出すシステムになっていればいいのですが
一般的にそのようにはできていません。

 

結果として、塗装劣化から染み込んだ水分がじわじわと
壁面全体を濡らしながら室内側に雨漏り、結露、カビ、腐食などといった形で
現れていきます。

 

 

室内で雨漏りに気付いたら、放って置かず
すぐに対処してください。