嶋崎工務店ブログ

【事例紹介】諫早の現場で足場をかけたから気づいた劣化事例

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

足場をかけて実際に登ってみると
実際には結構劣化が激しいこともしばしばあります。

 

特に屋根まわりの部分は、雨の影響を受けやすく、
雨水の侵入もしやすいところ

 

しかも、建物の高い部分にあるため
日当たりもいいのが一般的ですよね。

 

そんなところにあるため、紫外線の影響も大きく
結果として塗膜の劣化も激しくなります。

IMG_9019

写真の状況は、諫早の現場での事例です。
もう表面の塗膜がカパカパと浮いています。

 

 

後ろ側に水が入り込んでは乾燥して、、、
ということを繰り返し起こしてしまい
ボロボロになっています。

 

 

地上からもある程度は確認できますが
そのまま上から塗装できる状態なのか
それとも、はげてしまうのかといった細かい部分までは
判断できません。

 

足場をかけて登ってみると、ひどい状況になっています。

 

屋根側の防水も含めて検討しなければ
塗っただけでは、また剥がれたり膨れたりといった
不具合が出てくることもあります。

 

水の侵入を許さないつくりにすること、
侵入しにくい塗装をしてあげることなど
やらなければならないことはたくさんあります。