嶋崎工務店ブログ

【写真公開】横目地からの雨漏りが原因で起こる悲劇

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。

 

外壁周りのシーリングが傷み始めると
思わぬ大問題につながります。

 

 

特に雨がよくかかるところは問題になります。

 

 

横目地は危険性大

 

縦目地の場合はシールが切れて雨水が入り込んでも
重力に従って素直に下に流れていきます。

 

横目地シールが切れた場合は、
雨を全て受けて中に染み込ませてしまいます。

 

IMG_2317

 

よくあるのは一階と二階の間にある帯の部分。

 

写真のように帯の塗装がふくれたり剥がれたりしている場合は
帯の上に降り注いだ雨水が悪さをしています。

 

帯の裏側に入り込んだ雨水は
乾燥するときに帯表面側に出てこようとします。

 

ですが、塗膜があるため発散がうまくできず
なん度も繰り返すうちにだんだんと膨れや剥がれとして
劣化させていきます。

 

問題は見えない壁の内側が恐ろしいことになること!

 

外壁は綺麗に塗装されていたり
コーティングされているため、
見た目にはそんなに劣化していないことも。

 

 

ですが、繰り返し雨水が入り込んでいると
外壁パネルを留めている木を劣化させていきます。

 

 

なん度もなん度も雨に濡れると
木材腐朽菌は活発に活動しますし
シロアリにとっても好都合です。

 

 

柔らかく湿った木材は好んで食べますし
そこから建物のあちこちへと勢力を拡大していきます。

 

 

目に見えない壁の中で起こるトラブル。

 

結局、一番外側でストップしておかないと
このような恐れが出てきます。

 

塗装やシール劣化はわかりやすいサインです。
そのままにしておくと、見えない壁の中で
思わぬ大問題を引き起こしてしまいます。