嶋崎工務店ブログ

【事例紹介】諫早市で行った屋上雨漏り止水の職人技

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
 

屋上のフラットな屋根、陸屋根で問題になるのが
雨漏りです。

 

防水シートなどで守られていますが
それでも劣化が進むとどうしても亀裂が入り破れてしまいます。

 

そうなるともうジャンジャン雨が降るたびに雨漏りしてしまいますよね。

 

今回は、屋上のそんな割れ部分に応急処置を施した例を紹介します。

 

場所は諫早市内の某所屋上です。

 

防水層はどうしても直射日光を浴びて経年劣化がおこるもの。

 

その劣化した箇所だけ応急処置をしました。

これがその写真です。

IMG_9151

 

亀裂に合わせてシール処理をしていますが
山になっているのがわかりますか?

 

要するに、雨が降ってもこの亀裂部分は高く盛られているため
雨が入りにくくなっています。

 

それでも応急処置ということをお忘れなく!

 

これでもう大丈夫というわけではなく、あくまでも
一時的な処置です。これに頼ってしまっても
また劣化してしまえば同じです。

 

応急処置ですので、
その間に本格的な防水工事の準備をしなければなりません。

 

長崎は海に囲まれているため雨が多いところです。

雨水による建物の劣化も多いので
とにかく雨水が入らないように
メンテナンスをしていくことが大切です。