嶋崎工務店ブログ

【事例紹介】防水シートが貼られていても雨漏りする理由とは?

 

今日は外壁防水、止水の話です。

 

昔の建物では
タッカー留で防水紙を重ねるだけで
終わるのが当たり前でした。

 

 

今はブチルテープで防水するのが当たり前

 

特に窓周りは防水テープを二重三重に使います。

 

防水紙と他の素材との兼ね合いがあるところも
防水テープで外側からの侵入を止めておくことが必要です。

 

写真は、防水テープが貼られていないために
入り込んだ雨水が雨切上部より染み込んで
天井面に漏れ出していました。

 

IMG_9657

 

防水紙があっても施工がダメなら漏れます

 

防水紙も適切に貼っていなければ
毛細管現象で裏側に水が回りやすくなります。

 

ただ紙を巻いて止めただけの簡易なやり方では
要は隙間はスカスカですから
いくらでも水は入り込んでいきます。

 

特に風が強く当たると風圧も手伝って
部屋内側に入り込みやすくなります。

 

雨漏りの原因はほとんどが防水紙や防水テープの有無が問題で
発生しています。

 

うちは防水シートが貼られているのに
なんで漏れるのだろう?

 

という場合は剥いで確認してみれば
ほとんど施工方法に問題があります。

 

長崎県は高温多湿で雨が多い地域。

 

雨を完璧に防ぐことは難しいですが
ちょっとでも入り込む余地を減らすことは
難しくありません。