嶋崎工務店ブログ

キケン!異素材の接合部は雨漏りしやすいって知っていました?

こんにちは。 長崎諫早県央地区で
建築塗装リフォームの知識量No1のあんしん塗装部です。
 
昨日はまるで台風のような大雨でしたね。
暴風時は漏れやすいのですが、普段漏れていないのであれば
一時的な漏水です。
 
それより問題になるのは
ちょこちょこと起こる雨漏りの場合。
 
特に、異素材同士がぶつかる箇所は
雨漏りになりやすいのです。
 
今日は瓦と外壁の取り合い部分の話です。
 
IMG_9439
 

瓦と外壁の付け根は
鉄板が付いているのが普通です。

 

その形が複雑になればなるほど
雨水は流れる方向が複雑になります。

 

結果として雨が室内に入りやすくなります。

 

 

雨は素直に外へ、下へが基本です。

 

 

総二階の建物ならあまり問題になりません。

 

ですが一階の一部に二階が載っている家は、かならず
一階屋根と二階の外壁の取り合いが問題になります。

 

 

鉄板部分は、塗装がしっかりされていれば
錆びることもなく、ほぼ半永久的に使えます。

ですが、鉄板立ち上がりと防水シートの関係が
よくない場合は、そこから内部へとしみ込んでいきます。

 

防水テープなどで止水していない場合は特に
大雨時に流れる許容量を超えた雨水が
防水シート内部まで入り込んでいきます。

 

結果としてそれが雨漏りになります。

 

防水テープは昔はさほど重要ではありませんでした。
ですが、今は防水テープまでしっかりとはることが重要です。

 

 

特に板金鉄板と防水シートの重なり部分には注意が必要です。