嶋崎工務店ブログ

自治体補助金で塗装?はダメな理由知ってますか?

こんにちはあんしん塗装部です。

諫早市もリフレッシュ事業として
建物の塗装にも補助金が使えます。

 

内容はというと、最大で10万円まで補助が出て
浴室の改良や、トイレの便器取替、それからキッチンのリフォーム、

バリアフリー関係でいくと、出入り口の戸の取替、
段差解消やら手すりの設置といったものも。

 

アホな営業マンには気をつけましょう

 

性能向上には、断熱改修や耐風瓦への葺替え、
強化ガラスへの取替なんかも入っています。

そして、遮熱塗料で塗装することも入っています。

 

と、普通でしたら遮熱がオススメです!となりますが
あんしん塗装部は、アホな営業マンみたいに
「遮熱がオススメです!」とは言いません。

 

理由は2つあります。

今日はその一つについて現場サイドの人しかわからない
不都合な真実お伝えします。

 

1.遮熱性能の持続性がわからないこと

 

 

実はまだ遮熱塗料の性能がどれほど持続するかはわかりません。

 

もちろん立地条件や、日当たりの良さなども関係するでしょう。

 

10年以上遮熱してくれればいいのですが
もしかすると5年くらいしか遮熱性能は発揮しないかもしれません。

 

5年以上たってくると、小さな劣化が始まって
遮熱性能が落ちていくことは十分にあり得ます。

IMG_0276

 

確かに、昨年夏に行った私たちの実験データでは
夏場の遮熱性能は劇的に変わりました。

 

でも、どれだけ続くかなんてまだわからないんです。

 

その割に塗料代は高いので
あんしん塗装部としては「うーん、、、」と思うところ。

 

せっかく塗るなら最新の材料がいい人にはオススメ!

ただし、新しいものが好きな方にはオススメします。

どれだけの年月持続できるかわかりませんが
夏場の屋根裏が20度以上下がりますから
真夏の暑さやエアコンの効きはマシになります。