嶋崎工務店ブログ

長崎でバルコニーが雨漏りする意外な理由とは?

こんにちは。あんしん塗装部です。

雨があまり降っていない梅雨の長崎県。
とはいえ来週から本格的に雨が続きそうですね。

 

今日はバルコニー周りの雨漏りについてのお話です。

 


雨漏りは厄介この上ないですが、
雨の多い長崎でもやっぱり
バルコニー周りからの雨漏りは多いようです。

 

バルコニーの床の劣化が原因で、、、とか
立ち上がり不足で雨漏り、、、とか

 

そんなことはほとんど起きていません。

むしろほとんど雨漏りなんてしようがありません。

 

でも実際に長崎でも諫早でも大村でも
バルコニーが鬼門になっていることが良くあります。

そんな雨漏りの原因は意外な理由、、、

 

実は私たちからすると当たり前のことです。

 

 

それは、屋根がないから!

 

 

もちろんバルコニーで屋根まで付いているところは
雨漏り被害がほとんど見受けられません。

でも、バルコニー周りで雨漏りがあると
一番大きな原因は、屋根がないこと。

 

屋根がないために、壁に直接雨が当たり続けます。
柱も屋根もないため、建物本体とはズレて動くこともあります。

 

負荷もかかってサイディングの外装板をいためることも。

 

結果として目地が切れてしまったり
雨漏りで中から膨れてしまったり。

 

もちろん漏れ続けていると
内部で腐りますので取り替えない限り
良くなることはありません。

 

この梅雨時、温度と湿度上昇で劣化部分は
どんどん悪くなっていく一方ですので
お気をつけて!