嶋崎工務店ブログ

長崎で数少ないシール職人の職人技を継承するあんしん塗装部

こんにちは。あんしん塗装部です。

 

長崎も梅雨なんですが、梅雨っぽくない天気が続きますね。
しかも直撃コースで台風も来ているみたいでさてどうなることやら。。。

 

さすがにたくさんの家が一時的に雨漏りは免れないでしょう。
屋根とか軒先が飛ばされないならいいですが
ひどい被害にみなさんが合わないように祈るばかりです。

 

この時期の台風は、あまり勢力も持っていないと思いますが
最近は異常気象なので、予想外なこともあり得ますね。

 

 

さて、日々鍛錬するためにやっていることを紹介します。

これはシール打ちの練習をしている風景です。

実はシーリング処理は季節や天候にも左右される生もの

実は、シール打ち職人って長崎にはほとんどいないです。
防水屋さんがシール処理までするのが普通ですが、

 

あんしん塗装部にはシール打ちのエキスパートがいますので
建物の状態に応じて、シール処理を行います。

 

そんなこともありますので、
綺麗に確実にシールを打てるように練習をしています。

 

 

雨漏りの原因になるのはシール部分の劣化!

 

長崎の建物では建てる時に大工さんがあまり考えずに
ほとんどシール目地幅がないところもよくあります。

 

5mm程度しかないところとかよくありますよね。

 

細いとどうしても長持ちしません。

 

外壁を貼り直して、目地を確保するくらいしか
目地を広くとることはできません。

 

でも、外壁が痛んでいないのに張り替えるなんて
経済的じゃないですよねww

 

せめて、ちゃんとシール処理ができるように
いろんなパターンを作って、対処できるように
梅雨時など雨の多いときは訓練しているところです。

 

シールの切れは雨漏りの元凶です。