嶋崎工務店ブログ

目地に合わせて道具は作れ! 職人魂

こんにちは、長崎諫早県央地区で
塗装知識と技術でナンバーワンを自負しております
あんしん塗装部です。

 

今日はシール職人のこだわりの道具の話です。

 

シール職人は目地に合わせて自分の道具をこしらえています。

 

目地の幅、深さや壁の模様に応じて
細かく作り込んでいきます。

 

テキトーでは済まさないところに職人魂を感じます。

 

 

長崎県レベルの並のシール屋さんであれば、
シール処理はその場の状況任せ。

 

下地処理していない長崎のシールの実情

 

安い仕事は結局、シールを綺麗に剥ぎ取ることもしなかったり
合わない材料をつかったり。
プライマーも塗らずにシールしているところも意外と多くてびっくりします。

そりゃ、長持ちなんてしないはずです。

 

そんなことが、改修のためにシール剥ぎ取りをすると
明らかになります。

 

 

シール処理に頼ってはダメですが、
外部防水として、なくてはならない存在が
シーリング。コーキングと呼ばれるもの。

 

 

目地幅に合わせて綺麗に道具を調整し、
性能は当然、見た目の美観にも影響しますので
ヘタクソな打ち方をしないところはさすがの一言です。

 

梅雨時で雨が多い季節。
これから梅雨明け時にまた大雨が予想されます。

 

雨漏りは百害あって一利なし。
気づいた時に早めに補修しておきましょう。