嶋崎工務店ブログ

【雨漏り事例】諫早のバルコニー腐食が大変です!

こんにちは。あんしん塗装部より今日は雨漏りのお話です。

 

雨漏りの厄介なのは、放置するとどんどん見えないところで悪さをし続けること。
最悪の場合は、台風や軽い地震でも崩れ落ちるレベルになることも。

 

特に屋根がかかっていないバルコニー笠木からの雨漏りは
放置するといくところまで行ってしまいます。

 

ちょうどいま解体したところ大変なことになっていました。
ここまで行くともう立っていたのが奇跡かもしれません。

 

幸いシロアリはいなかったので、劣化スピードは遅かったのでしょうが
最近長崎も地震が頻発していますので
劣化していると、ポキっと建物も折れてしまいます。

 

 

写真は、雨漏りしているバルコニー周りを解体したところ。

 

あちこちから雨漏りをしていたのが放置されていたので
あちこちからボロボロになっていました。

外装板とかでとりあえず全体がくっついていただけ。

 

 

地震には耐えられません!!

 

 

雨漏りは、シロアリも呼びやすくなりますが
劣化していくと地震にも耐えられなくなります。

 

もう素人が見ても安全ではないのは明らかです。
お施主さんも焦っていましたが、素人が見ても
この惨状はビックリですね。

 

長崎県は雨漏りとシロアリが多い

 

長崎は雨が多いためか、
雨漏りやシロアリ被害が多いです。

 

外装板を剥がして見ないとわからないですが
なんとなく、怪しいな、、、ということは
わかってきます。

 

それに、科学的に水分量や雨漏り状況を調べてみれば
侵入ルートからどれくらい腐食しているかも
見当がつきます。

 

 

ここで気づいてよかった!

 

今年の梅雨は雨が少ないので雨漏りの心配は少なそうですが
夏場の湿気と高温は、木材普及菌が活発化します。

 

一年でもかなり腐食してしまうので
やっぱり早期発見早期補修が一番ですね!