嶋崎工務店ブログ

【諫早より】塗装が長持ちするかどうかはココ次第!?

こんにちは

あんしん塗装部です。

 

 

諫早の現場の

壁の下塗りをしているところの写真です。

 

下塗りは、下地の吸い込みを防いだり
今から塗る塗料との密着をよくする役割があります。

 

 

はっきりいってこの作業は最後には見えてきません。
見えてこないから実は困りものです。

 

下手すると手を抜かれるかもしれません。

 

ですが、綺麗に洗浄して余分な塗膜をなくし
綺麗に塗装し直すことが何よりも重要。

 

見えてこないから、普通一般の方にはその価値はわかりません。

でも、10年といわず多分5年目ぐらいでその差が現れます。

 

はっきり言って、この下地作業を入念にしているかで
長持ちするかどうかが決まって来ます。

 

 

完成するとはプロだって見分けなんてつかない!

 

下地を入念に処理しなくても、上塗りだけしっかり塗れば
塗った時は違いなんてわかりません。

 

それはプロの私たちであっても
完成してしまえば分からなくなります。

 

でも、コンマ何ミリの世界で、塗膜の厚さや
密着の具合は明らかに違っているわけで、、、

 

下地を綺麗に処理していなければ
食いつきが悪くて、上に塗った塗料も時間が経てば
パラパラとはがれたり、色あせもしやすくなります。

 

現代人は特に目に見える価値しかわからなくなって来ました。

ということは、目に見えないところの判断レベルはかなり危ういということです。

 

金額だけでは比べられないのは結局現場で塗るのは誰なのか?

というところでしょうね。

 

素人だって下手すれば塗れてしまいますが
長持ちさせるノウハウはプロしか知りません。