嶋崎工務店ブログ

【長崎市の現場より】雨漏りの原因は施工方法の間違い!

こんにちは。長崎の雨漏りを構造科学的に解決する
あんしん塗装部です。

 

「ああやっぱり水が染み入っている、、、」

 

断面の構造的なところから予想はしていたのですが。

 

はぎ取り作業をしていたら、案の定水が染み入っていました。

おかげで下の階にポトポトと雨漏りをし続けていました。

 

 

施工方法が間違ってる!

 

というよりも、これ、
タキステップというシートの施工方法がそもそも間違っているww

 

 

この右に見えるグレーの部分は防水面なんですが
普通は、防水面をもっと広くとって
シートの下までちゃんとかぶさるように防水しておきます。

 

ですが、ここは防水面がシートの際までしかありません。

 

明らかに、シートを貼ってから防水したような格好です。

 

 

 

ピンホールは肉眼ではわかりません。

 

 

シール処理していても

ピンホールがあれば風圧でも染み入ります。

 

 

 

そして、それを確認するために
高倍率の顕微鏡とか使っていても埓があきません。

 

 

そんな漏水を防ぐために、標準の施工方法では
防水の仕方が決まっています。

 

この場所が半戸外だということで、直接雨の降りかかりは
無いの判断だったのかもしれませんが、、、

 

もしかすると安くするために
このようにしたのかもしれません。

 

ですが自然現象は人間の浅知恵レベルで
防げるものではありません。

 

 

何が起こるかわからないわけですし
雨漏りは全ての元凶にもなるので
このような工事をケチってしまっては
元も子もありません。

 

気づいて何よりでした!