嶋崎工務店ブログ

【長崎の現場より】構造的な欠陥にまで踏み込んだ雨漏り補修

雨漏りは確かに厄介ですね。
あっちを止め、こっちを止めて

 

それでも何故だか止まらないけれど
ザーザー降ったのにある時は漏らない、、、
なんてことがよくあります。

 

 

ただいま、長年雨漏りに悩まされていた
アパートの雨漏り改修を行っています。

 

 

どうもおかしいな、、、と思って
図面を確認したら妙なところにどうもコンクリートの打継ぎが縦にあるらしく、、、

これは漏れやすいな、、、という状況でした。

 

雨漏りに関しては完全に止める!
ということは神がかり的な技ですが
極力止めるためにあらゆる方法を取っています。

 

構造的なことまで確認を

 

普通の防水屋さんなら、
見た目だけで判断して軽く考えるのでしょうが
あんしん塗装部の防水処理は、図面があればチェックをして
構造的な問題ではないか?

 

というところにまでメスを入れます。

 

 

その上で最良の施工方法を提案して工事を行います。

 

結果として、安い工事にはなりませんが
安くてお手軽な雨漏り工事をしてもうまく収まらないから
長崎で雨漏りが一向に減らない理由でもあります。

 

雨漏りを止めるなら、見た目だけでなく
構造的な問題にまでメスを入れなければなりません。