嶋崎工務店ブログ

家運を上げるも下げるも出入りする職人さん次第かも?

最近よく思うんですが、「新築やリフォームをお願いして失敗した、、、」
と嘆いていらっしゃる家でお話しを伺うと共通点がありました。

 

どんな職人、技術者が出入りしているかは大きい。

 

既製品を使うなら、品質には差がありません。

でも取り付けるのは現場にいる職人さんたちですよね。

 

同じ製品なのに雨漏りしたり、
劣化が早かったりするのには
やっぱり職人の質というか違いがあります。

 

家運をさげる職人さんたち、、、というのが
一定数いますし今後増えて行くかもしれません。

 

 

家運を下げる職人さん

挨拶しない
散らかしり汚したまま帰る
仕事中いつもイライラして怒鳴っている
バタバタしていて落ち着きがない
疲れていて覇気がない

 

家電量販店などが住宅業界に入り込んできたので
特に今後、バタバタしている職人さんや
工賃の安い仕事を数多くこなして
疲れ切っている職人さんたちは増えてくる傾向にあります。

 

結局、安ければいい、、、
という簡単な話ではありません。

 

逆に家を建ててすごく良くなった人もいますし
リフォームして幸せな暮らしを送れている人も
長崎にはたくさんいらっしゃいます。

 

そんな家に出入りしていた職人さんはこんな人です。

 

家運をあげる気持ちいい職人さん

 

挨拶が清々しい
ちゃんと片付けて帰る
むやみに怒ったりしない
落ち着いて仕事をテキパキこなしている
元気で楽しそうに仕事をしている

 

 

そんなのアテにならない?

そう思うのは勝手ですが
やっぱり沢山の長崎の方にお話しをきくうちに
自分の中では確信が持てています。

 

結局作るのは人です。職人さんたちです。

どんな人が作るのか、どんな人たちが出入りするのかで大きく変わってきますよね。

気持ちの問題って結局侮れません。
特に日本人はそのあたりの感覚が鋭いので
分かる人には良く分かる話だと思います。

もしあなたにも分かるなら、
そこをないがしろにしないでくださいね。