嶋崎工務店ブログ

長崎の安全に感謝して神棚に手を合わせてます。

祈るということは意外と今あまりされていません。

ただ、仕事をするとか
安ければいいとか表面的なところばかり問題になりますが、、、

私たちはそうは考えていません。

 

そんな工事は絶対に後がよくない。
だから正直に素直に仕事をします。

 

神々に対して仕事をする

 

言うならば
嶋﨑 工務店は家の神様にたいして
失礼がないように気を遣います。

 

神様へ手を合わせるのは当然のこととして
1日無事に仕事が終わったこと。

怪我も事故もなく終わったこと。

お世話になる皆様が私たちに
幸せな笑顔をくださることに
感謝してお祈りしています。

 

神棚綺麗ですか?

 

家に神棚があっても埃かぶっているところが多いかもしれません。

玄関が散らかっているところもたくさんあります。

家の周りにガラクタが置きっ放しのところもよくあります。

 

意外と神様から見られていると思います。

 

もしご先祖様がみていたら
どう思うでしょうか?

 

家の神様は女の方です。

 

時にヒステリックで手に負えないことを
あなたの家にもたらすかもしれません。

 

私たちは、実際に家という目に見えるものを扱いますが
そこここに、「ああ、神様っているんだろうなぁ、、、」
と思うこともたくさんあります。

 

だからこそ、ないがしろにせず
むしろ伝統的なことはしっかりと守った上で
仕事をさせていただいております。

 

当然のことでしょうが、意外と長崎でも
廃れて気にも留めないようになってきたのでは?

 

家の中は綺麗にしてくださいね。

神様が見てますよきっと!